旅行記ダイジェスト・・・・ボリビア 雨季のウユニ塩湖とチチカカ湖 その1

2011.09.26.08:06

みなさま、日本に帰国しました。


チベットからの実況中継は、いかがでしたか?




これから、写真の整理をします。


これが終わってから、詳細な旅行記をアップしますので、しばらくお待ちくださいませ。




あっ、待ってられない・・・・


そうですよね。


気の早い方のために、ボリビア旅行記を用意しておりました。


どうぞ、お楽しみくださいな。




南米の真ん中よりちょっと北にある内陸国、ボリビア。


実は、ブラジル、ペルーに次いで、日本人移民の多い国だそうです。




このボリビア、アンデス山脈の中にありますが、すごいものを持っています。


それは、ウユニ塩湖。


四国の半分くらいもある、巨大な塩湖です。




乾季には、塩湖の水は干上がっていて、塩が露出しています。


でも、雨季には、塩湖の上にうすく水がはって、そこにきれいな景色が映り込む・・・・


すばらしい光景だと聞き、いつか行ってみたいと思っていました。




それが、とうとう、去年、実現しました!


わが西遊旅行で、雨季のウユニ塩湖を訪ねる旅が企画されたんです!


高校生の時からボリビアに留学したという、スペイン語ペラペラの添乗員、雅一さんが、気合を入れて企画されました!




時期は新月、星空の映り込みが見えるかも・・・・


チチカカ湖にも行ける・・・・


加えて、オルロという町で、南米3大祭りのひとつ、オルロのカーニバルが見られる・・・・


行く行く行く!!!!!


即断即決で、申し込みをしました。




ボリビアへは、アメリカからも直行便がありません。


ゆきうさぎたちは、まずロサンゼルスに行き、ここで飛行機を乗り換えて、ペルーの首都リマに到着して、一泊しました。


そして、翌日、リマからサンタクルスという町を経由して、ボリビアの首都、ラパスの空港に着きました。




ラパスの空港は、実際には、隣の町、エルアルトにあります。


なぜかというと、ラパスはすり鉢状の盆地で、底の方に降りるのは大変・・・・


すり鉢の上にあるエルアルトの方が離着陸しやすいので、こちらが空港になったんです。




ラパスは、標高約3600m。


世界一高い場所にある首都です。


・・・・ということは、エルアルトは・・・・4061mです!




いきなりそんなところに行って、高山病にならないの?


そのとおり、長居をするととっても危険です。


でも、血中酸素濃度は、一気には下がりません。


さっと通過するだけなら、まず心配ないんです。




ゆきうさぎたちは、飛行機が到着するとすぐに、迎えのバスに乗り込み、ラパスへ降りました。


ラパスも、標高が高いので、高山病には注意する必要があります。


普通の都市なら、高台の方が高級住宅地になるのですが、ラパスでは、低い場所の方が高級なんだとか・・・・




この日と翌日は、3400mの高級住宅地?にあるホテルに泊まりました。




ゆきうさぎは、ホテルに着いたとき、とっても眠くて、食欲がありませんでした。


うんと軽いですが、高山病の症状です。


夕食のときは、スープと野菜だけを食べました。


しばらくすると、ちょっと元気になり、デザートのナッツアイスをいただきました。




お茶は、コカとカモミールのミックスティーが出ました。


高地なので、お湯の温度はぬるかったです。




翌朝は、高度順応を兼ねて、ティワナク遺跡などを観光する予定でした。


でも、ゆきうさぎは、高山病になってしまい、起き出すことができませんでした・・・・




昨日は元気になってたのに・・・・


思い当たることがありました!


寝間着代わりに着ていたSKINSです!




SKINSは、スポーツ選手に愛用者が多い、機能性衣料です。


寝ているときや、飛行機に乗っているときには、体がむくみやすいのですが、これを着ていると楽になります。




ところが、高山病では血液の循環が悪くなるので、体を締め付けるSKINSは逆効果です。


ゆきうさぎは、あわててほかの服に着替えました。


添乗員の雅一さんが、ダイヤモックスをくれました。


結局、この日の観光はパスして、ずっと寝ていました・・・・




翌朝、ゆきうさぎは、まだちょっとふらふらしていました。


でも、この日は、ウユニ塩湖目指して出発しなければなりません。


幸い、症状は少しずつよくなっていたので、みんなと一緒に出掛けることにしました。




ホテルをバスで出発しました。


車は、一路南に向かい、アンデス山脈の間にあるアルティプラーノという高原を走ります。




途中の畑では、豆やジャガイモを栽培していました。


天然ガスのプラントなどもありました。


そう、ボリビアは、天然資源が豊かな国なんです。


開発は、まだまだこれからですが・・・・




お昼過ぎに、あとでカーニバルを見学するオルロの町に到着しました。


ここで、昼食をとり、車を四駆に乗り換えます。




四駆は、ひたすら、南に向かって走ります。


途中では、こんな光景が・・・・




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




下の方にいる動物は、リャマです。


放牧されているんですよ。


かわいいのん・・・・




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




なおも走り続けると、だんだん雲行きがあやしくなってきました・・・・


しばらくすると、すごい雷が・・・・!


あられも降ってきました!




雨季だから、雨が降るのは当然ですが、雨は多すぎても、少なすぎても困るんです・・・・


なぜなら、多すぎると、ウユニ塩湖にはった水が深くなり、塩湖の上を車で走れなくなります。


塩湖の中にあるインカワシ島に行けなくなり、見られる景色も限定されます。


曇っていると、星が出ないので、星空の映り込みも見えません。




一方、雨が少なすぎると、塩湖に水がはりません。


そうすると、景色の映り込みが見えなくなってしまうんです。


すごく、微妙なところです。




しばらくすると、雷やあられはやみましたが、今度は5号車がパンクしました・・・・


でも、運転手さんは、慣れたもの。


たった3分で、修繕してしまいました!




夜の8時半に、やっとホテルに着きました。


このホテルは、塩のホテルといって、壁や床をはじめ、調度品まで全部塩でできているホテルです。


塩湖のまわりには、こんな塩のホテルが何件もあるんです。




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア


こちらは、ゆきうさぎが泊まったお部屋。


天井も塩でできていて、塩のつららがたくさん下がっていました。




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




このホテルには、2連泊します。


ゆきうさぎはだんだん元気になり、少し食べられるようになりました。




翌朝は、きれいな晴れ!


ゆきうさぎは気分もよくなり、みんなで四駆に乗って、塩湖に繰り出します。


ありがたいことに、塩湖は少しだけ水がはった、理想的な状態・・・・




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




やったー!!!


きれいな映り込みです!!!




こちらは、塩湖の中にある、塩のホテルです。


今は、塩湖の中に建築するのは違法なのですが、法律ができる前からあるので、いまさら撤去できないとか。


ツアー客は泊まることはできず、バックパッカー専用になっています。


ちなみに、シャワーは水だけで、電気の使用制限もあるそうです。




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




ここで長靴に履き替え、塩湖を歩いてみました。


水は、足首のちょっと下くらいまであります。




運転手さんたちが、塩の割れ目に手を突っ込んで、塩の結晶を掘り出してくれました!


ゆきうさぎたちが喜ぶと、もっと気合を入れて、手をけがしてまで、大きなものを探してくれました・・・・!


写真は、1号車の運転手、カルロスさんです。


一番大きなのを、ゆきうさぎにくれました。




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




車は、広い塩湖を走り続けます。




えっ・・・・


変な島が見えてきました。


島じゅう、サボテンだらけです・・・・




塩湖の中にあるサボテン島、インカワシ島です!




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




この島、標高は約3700m、富士山と同じくらいの高さです。


しかも、実は、ウユニ塩湖は深いんです・・・・




ウユニ塩湖は、アンデス山脈の深い峡谷に、水が流れ込んでできた湖です。


アンデス山脈はもともと海で、土壌に塩分が多く含まれています。


そのうえ、ウユニ塩湖は流れ込む川だけで、出ていく川がなかったので、塩分はたまる一方・・・・


それがたまりにたまって、今の塩湖ができたんです。




つまり、インカワシ島は、富士山が四国の半分の面積の塩に埋まった状態・・・・なんです!


そのスケールの大きさに、圧倒されました・・・・




ゆきうさぎたちは、インカワシ島に上陸。


ニャンドゥーという、飛べない鳥がいました。




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




ゆきうさぎたちは、インカワシ島を登ります。




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




200mくらい登ると、頂上に着きました。


「8月1日広場」と書いた看板があり、その前に小銭入れが・・・・


ゆきうさぎも、5円玉を入れました。


また、ご縁がありますように・・・・




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




昼食は、塩湖の上にテントを張って、その下でいただきました。


すごいでしょ!




雨季のウユニ塩湖は、乾季よりずっと真っ白・・・・


水で汚れが洗われるので、白さが際立つんです。




でも、日焼けは雪山どころではありません。


みんな、真っ黒になりました。




午前中は、雲が少なくて、あまり映り込みが見えませんでした。


でも、午後になると、だいぶ雲が出てきて・・・・




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




やったー!!!!!


見事な映り込みです!!!!!




そのうえ、蜃気楼も見えました・・・・




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




ほんとに、山や塩湖の中の塩のホテルが、浮いているように見えます。


まわりじゅう、みんな蜃気楼なんです!!!


初めて見た蜃気楼、感動しました・・・・




塩湖の上を、フラミンゴが飛んでいきます・・・・




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




すばらしい景色を十分に堪能して、ホテルの方に戻ります。


夕方には、こんな光景が・・・・




踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




塩湖の湖畔では、塩の精製所を訪ねました。


ボリビアは内陸国なので、海藻を食べる習慣がなく、ヨード分が不足します。


このため、塩にはヨード分を加えるよう、義務付けられています。


ゆきうさぎたちは、おみやげに塩を買って、ホテルに帰りました。




この日は、これで終わりではありません。


日が暮れてから、楽しみにしていた、星空の映り込みを見に行くんです・・・・




あたりは、もう真っ暗。


四駆は、静かに暗い湖を進んでいきます・・・・




四駆が、止まりました。


ゆきうさぎたちは、足元に気を付けて、湖におりたちます。




夜空は、振るような星、星、星・・・・


湖面は、少しさざ波がたって、映り込みは見えません。


夜は風が出やすいので、星空の映り込みはめったに見られないんです。




でも、車と車の間は、波がきません。


ちょっとの部分ですが・・・・星空が映り込んでいます!!!


すごい・・・・!!!


やっと、見ることができました・・・・




でも、写真は暗すぎて、無理・・・・


ゆきうさぎたちは、湖面に三脚を立て、感度を上げて必死で撮りました。


肉眼では、湖面と空の境目がわかるんですが、カメラでは・・・・


結局、映り込みがわかる写真が撮れた人は、いませんでした。


残念・・・・




この日の夜、ゆきうさぎは、ひそかに起き出しました。星空があまりにきれいだったので、星がくるっと回っている軌跡を撮ろうと思ったんです。


でも、結果は惨敗・・・・


途中で、バッテリーがあがってしまったんです。


やっぱり、デジカメは電池を食いすぎるので、無理なんですね。


いつか、フィルムカメラでリベンジしたいと思っています。


↓ クリックしてね!(^-^)/

$踊る!旅する!ゆきうさぎ






翌日は、ラパスに戻り、途中でオルロのカーニバルを見学します。

comment

Secret

1. おかえりなさいませ!

2011.09.26.09:45

ゆきうさぎさん、無事帰国おかえりなさいませ~!
いつも素敵なお写真と旅行記をありがとうございます。
これからも楽しみにしています☆

2. おかえりなさい!

2011.09.26.13:59

ゆきうさぎさん、お帰りなさい! ご無事でなによりです。
今日の旅行記もよいですね。
コカとカモミールのミックスティーの味を想像しましたが、全くわかりません。
リャマとか、飛べない鳥さんとか、直見できるなんて、どんな気分なんでしょうか。
塩湖も幸運に恵まれ、よかったですね。
お写真の整理を楽しみにまってます。

3. おかえりなさい

2011.09.26.16:28

お帰りなさいゆきうさぎさん。
チベットからの実況中継毎日楽しくみせていただきました。ご無事でなによりです。
今回の旅行記の塩湖や蜃気楼、感動的ですね。この世のものとは思われないほど美しいです。現実をわすれる景色ですね。

4. Re:おかえりなさいませ!

2011.09.26.17:01

>三重のあまがえるさん

コメントありがとうございます。
無事帰ることができました。
また、元のボリュームに戻して記事を書きますので、ご愛読のほど、よろしくお願いします。

5. Re:おかえりなさい!

2011.09.26.17:02

>るるネコさん

コメントありがとうございます。
早速、今日の記事も読んでいただき、ありがとうございました。
また、明日も続きがありますので、よろしくお願いします。

6. Re:おかえりなさい

2011.09.26.17:03

>みんさん

コメントありがとうございます。
チベットの中継、ご愛読いただきありがとうございました。
記事の量ももとに戻して、ダンス記事も再開しております。
これからも、よろしくお願いします。
ゆきうさぎグッズ!
Suzuriバナー2 Tシャツ、トートバッグ、マグカップ、iPhoneケースを販売してます・・・ 写真リクエストも、受付中!
プロフィール

dancetravel

Author:dancetravel
ご訪問、ありがとうございます。
海外秘境旅行と社交ダンスが大好きな女の子、ゆきうさぎです!

こちら のアメブロでは、記事の更新情報をお伝えしてます・・・・

では、どうぞごゆっくりご覧くださいな・・・・


お知らせ!

パーティでデモをして、ゆきうさぎが撮ってたのに、写真が届かない・・・・
写真をアルバムや額にしたい・・・・

ご要望のある方は、記事にコメントをお願いいたします!
どの記事でもかまいません・・・・

お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス等は、ゆきうさぎが責任をもって管理・・・・
コメントは、公開せずに消去します・・・・

最新記事
スポンサードリンク
旅行記事の目次
マークは、下のおすすめ記事と連動してます・・・・
くわしい旅行記

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省ウサギコスモス

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット波ウサギ

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー波コスモス富士山

 光と静寂の世界 冬の九寨溝 ニコニコ

 爆笑!成都パンダ園ウサギ

 標高差8778mの小国 大ネパール紀行チーズニコニコ

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省コスモスチーズニコニコ

 ナキウサギ遊ぶお花畑・・・・中国青海省ウサギコスモス

 火と氷の島 アイスランド温泉チーズニコニコ

 西インドの華 グジャラートウサギラブラブ!

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省ラブラブ!ニコニコ

 インドヒマラヤ紅茶の里・・・・シッキム・西ベンガルニコニコ

 密林の最高峰・・・・ボルネオ島キナバル山富士山

旅行記ダイジェスト

 ミニヤコンカと四姑娘山温泉富士山

 インドヒマラヤ大走破波

 ミルフォードトラックとマウントクックコスモス富士山

 インド洋の楽園 マダガスカルウサギチーズニコニコ

 インドヒマラヤ花の谷コスモス富士山

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠波ラブラブ!

 イラン北西部周遊コスモスニコニコ

 カピバラとピラニアの国 ブラジルウサギチーズ

 トルコ西部周遊チーズ温泉ニコニコ

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部ラブラブ!ニコニコ

 ボリビア 雨季のウユニ塩湖とチチカカ湖波

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行くラブラブ!ニコニコ

 タジキスタン冒険行波ラブラブ!温泉

 失われた世界 ギアナ高地波コスモス

 やすらぎの国 ラオスチーズニコニコ

 パキスタン カラーシャ族の里ラブラブ!ニコニコ

 

  旅行おすすめ記事です音譜

探検、冒険、ワイルド系波

 インドヒマラヤ大走破

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠

 ボリビア 雨季のウユニ塩湖とチチカカ湖

 タジキスタン冒険行

 失われた世界 ギアナ高地

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

動物、かわいいのん・・・・ウサギ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット

 ナキウサギ遊ぶお花畑 中国青海省

 西インドの華 グジャラート

あこがれのお花に会える・・・・コスモス

 ミルフォードトラックとマウントクック

 インドヒマラヤ花の谷

 イラン北西部周遊

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省

 失われた世界 ギアナ高地

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 ナキウサギ遊ぶお花畑 中国青海省

現地の人と楽しくふれあう・・・・ラブラブ!

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行く

 タジキスタン冒険行

 パキスタン カラーシャ族の里

 西インドの華 グジャラート

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省

この際、食べるチーズ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 トルコ西部周遊

 やすらぎの国 ラオス

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 火と氷の島 アイスランド

えっ?ここで温泉温泉

 ミニヤコンカと四姑娘山

 トルコ西部周遊

 タジキスタン冒険行

 火と氷の島 アイスランド

トレッキング特集富士山

 ミニヤコンカと四姑娘山

 ミルフォードトラックとマウントクック

 インドヒマラヤ花の谷

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

 密林の最高峰・・・・ボルネオ島キナバル山

らくちん、楽しい・・・・入門編ニコニコ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 イラン北西部周遊

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 トルコ西部周遊

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行く

 やすらぎの国 ラオス

 パキスタン カラーシャ族の里

 光と静寂の世界 冬の九寨溝

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 火と氷の島 アイスランド

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省

 インドヒマラヤ紅茶の里・・・・シッキム・西ベンガル

ご訪問うれしいのん
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク