ダンス写真をはじめたころのお話

2011.08.23.08:57

ゆきうさぎがダンスの写真を撮り始めたのは、数年前のことです。


きっかけは、写真をやってみたかったこと。

パーティのダンスタイムで、知らない男性と踊るのが苦手だったこと。


でも、それまではコンパクトカメラさえ使ったことがなく、どんなカメラを選んだらいいのか、見当もつきません。

そこで、ヨドバシカメラに行って、「社交ダンスの写真を撮りたいんですが・・・・」

と、相談しました。


お店で奨められたのは、キャノンのEOS7S。

当時は、デジタルは出始めだったので、フィルムカメラを選びました。

被写体が暗いところで動くので、一眼レフでないと難しいとのこと。


レンズは、タムロンのAF28mm~300mm、F3.5~6.3のを選びました。

社交ダンスのパーティでは、サロンで踊るので、遠近差が大きいからです。


当時、まわりのプロの人が全員、外付けのストロボを使っていたので、これも買いました。

シグマの、10mくらい先まで届くものです。


写真の撮り方を教えてくれる教室を紹介してくれるよう、頼みました。

でも、「社交ダンスを撮る人はほとんどいないから」と断られました。


当時も今も、社交ダンスを撮る人は、パーティを主宰する先生から依頼された写真スタジオだけ。

もちろん、それだけでは生活できないので、ほかの写真を主に撮っている人も多いです。

教えてくれる人が見つからないなら、と試行錯誤の日々がはじまりました。


最初の3回くらいは、ほぼ全滅・・・・

なにしろ、どの程度のシャッタースピードにしたらいいのか、感度はどうするのかなど、なにもかもわからない状態だったからです。

なんとか被写体が捉えられるようになっても、なかなかきれいな写真とまではいきません。


撮った写真は、全部被写体の人にあげています。

最初のころは、本当にひどい写真で、申し訳なかったと思っています。


当初は、フィルムはISO800の36枚撮りを使いました。

シャッタースピード優先で、1/125。

なんとか、被写体を捉えられるようになってきました。


機材やフィルムの問題だけでなく、ダンスは被写体が動くので、どこでシャッターを切るのかも問題です。

自分もダンスを習っているので、ダンスの動きについては、だいだい察しがつきました。

でも、シャッターを切るには、決断力が必要です。

最初のうちは、迷っている間に、どんどん踊りが進んでしまって・・・・

また、早い動きのところは、動体視力がないと、ついていけません。

結局、ほんの少ししか撮れませんでした。

3分弱の踊りの中で、少ない人はたった3枚くらい、多い人でも10枚もありませんでした。


決断力については、慣れあるのみ。

悩まず、どんどん撮るようにしていたら、だんだん枚数が増えていきました。


こんなことを書いていたら、ダンスの写真は難行苦行の連続のように見えるかもしれませんが、そんなことはありません。

とっても楽なこともあるんです。


それは、いい表情の人の写真が、簡単に撮れることです。

普通のポートレート写真では、被写体の人は緊張してカメラをにらんでしまうなど、なかなかいい表情が撮れません。

撮られ慣れているプロのモデルでさえ、カメラマンが話しかけたりして、リラックスさせながら撮るとか・・・・

素人の女性のいい表情を撮るのは、大変です。


でも、ダンスの写真の場合は、被写体の人がこちらを意識していることはまずありません。

また、踊っている人は、「ステキな先生と一緒に踊れて幸せ・・・・」という表情。

それがそのまま、写真になります。

ダンス写真は、踊りの巧拙より表情のいい人の勝ち。

だから、はまってしまって、やめられないんです。


これからは、ゆきうさぎのダンス写真がどう進化していったかを、お話しします。

これを機に、ダンス写真を楽しんで撮ってくださる方が増えるといいな・・・・


下の写真は、桜田ダンス教室の7月のパーティで、高橋譲仁先生。

ダンスはもちろん、振り付けもとっても上手な先生です。


踊る!旅する!ゆきうさぎ-譲仁先生


↓ クリックしてね!(^-^)/

$踊る!旅する!ゆきうさぎ





次回は、こちら

comment

Secret

ゆきうさぎグッズ!
Suzuriバナー2 Tシャツ、トートバッグ、マグカップ、iPhoneケースを販売してます・・・ 写真リクエストも、受付中!
プロフィール

dancetravel

Author:dancetravel
ご訪問、ありがとうございます。
海外秘境旅行と社交ダンスが大好きな女の子、ゆきうさぎです!

こちら のアメブロでは、記事の更新情報をお伝えしてます・・・・

では、どうぞごゆっくりご覧くださいな・・・・


お知らせ!

パーティでデモをして、ゆきうさぎが撮ってたのに、写真が届かない・・・・
写真をアルバムや額にしたい・・・・

ご要望のある方は、記事にコメントをお願いいたします!
どの記事でもかまいません・・・・

お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス等は、ゆきうさぎが責任をもって管理・・・・
コメントは、公開せずに消去します・・・・

最新記事
スポンサードリンク
旅行記事の目次
マークは、下のおすすめ記事と連動してます・・・・
くわしい旅行記

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省ウサギコスモス

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット波ウサギ

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー波コスモス富士山

 光と静寂の世界 冬の九寨溝 ニコニコ

 爆笑!成都パンダ園ウサギ

 標高差8778mの小国 大ネパール紀行チーズニコニコ

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省コスモスチーズニコニコ

 ナキウサギ遊ぶお花畑・・・・中国青海省ウサギコスモス

 火と氷の島 アイスランド温泉チーズニコニコ

 西インドの華 グジャラートウサギラブラブ!

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省ラブラブ!ニコニコ

 インドヒマラヤ紅茶の里・・・・シッキム・西ベンガルニコニコ

 密林の最高峰・・・・ボルネオ島キナバル山富士山

旅行記ダイジェスト

 ミニヤコンカと四姑娘山温泉富士山

 インドヒマラヤ大走破波

 ミルフォードトラックとマウントクックコスモス富士山

 インド洋の楽園 マダガスカルウサギチーズニコニコ

 インドヒマラヤ花の谷コスモス富士山

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠波ラブラブ!

 イラン北西部周遊コスモスニコニコ

 カピバラとピラニアの国 ブラジルウサギチーズ

 トルコ西部周遊チーズ温泉ニコニコ

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部ラブラブ!ニコニコ

 ボリビア 雨季のウユニ塩湖とチチカカ湖波

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行くラブラブ!ニコニコ

 タジキスタン冒険行波ラブラブ!温泉

 失われた世界 ギアナ高地波コスモス

 やすらぎの国 ラオスチーズニコニコ

 パキスタン カラーシャ族の里ラブラブ!ニコニコ

 

  旅行おすすめ記事です音譜

探検、冒険、ワイルド系波

 インドヒマラヤ大走破

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠

 ボリビア 雨季のウユニ塩湖とチチカカ湖

 タジキスタン冒険行

 失われた世界 ギアナ高地

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

動物、かわいいのん・・・・ウサギ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット

 ナキウサギ遊ぶお花畑 中国青海省

 西インドの華 グジャラート

あこがれのお花に会える・・・・コスモス

 ミルフォードトラックとマウントクック

 インドヒマラヤ花の谷

 イラン北西部周遊

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省

 失われた世界 ギアナ高地

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 ナキウサギ遊ぶお花畑 中国青海省

現地の人と楽しくふれあう・・・・ラブラブ!

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行く

 タジキスタン冒険行

 パキスタン カラーシャ族の里

 西インドの華 グジャラート

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省

この際、食べるチーズ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 トルコ西部周遊

 やすらぎの国 ラオス

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 火と氷の島 アイスランド

えっ?ここで温泉温泉

 ミニヤコンカと四姑娘山

 トルコ西部周遊

 タジキスタン冒険行

 火と氷の島 アイスランド

トレッキング特集富士山

 ミニヤコンカと四姑娘山

 ミルフォードトラックとマウントクック

 インドヒマラヤ花の谷

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

 密林の最高峰・・・・ボルネオ島キナバル山

らくちん、楽しい・・・・入門編ニコニコ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 イラン北西部周遊

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 トルコ西部周遊

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行く

 やすらぎの国 ラオス

 パキスタン カラーシャ族の里

 光と静寂の世界 冬の九寨溝

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 火と氷の島 アイスランド

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省

 インドヒマラヤ紅茶の里・・・・シッキム・西ベンガル

ご訪問うれしいのん
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク