旅行記ダイジェスト・・・・ミルフォードトラックとマウントクック その1

2011.08.19.08:57

西遊旅行で行く秘境旅行も、10回目。

今回は、ニュージーランドのミルフォードトラックとマウントクックです。


ミルフォードトラックは、ニュージーランド南島の南西部に位置しています。

ニュージーランドの南島は、真ん中に南北に走る山脈があり、その東側と西側で、全く気候が違います。

東側は、乾燥した草地が広がり、羊の放牧が盛んな、おなじみの風景。

一方、ミルフォードトラックがある西側は、一年を通して雨が多い森林地帯です。

特にシダ類が豊かで、しっとり落ち着いたたたずまいです。


このあたりは、森林のきれいな場所が多いので、たくさんのトレッキングルートがあります。

ミルフォードトラックも、そのひとつ。

「世界で最も美しい散歩道」と呼ばれています。

トレッキングルートなので、散歩道というと、かなり語弊があるんですが・・・・


もう一つのマウントクックは、南島のほぼ中央部分にあります。

正確には、ニュージーランド最高峰、標高3754mのマウントクックを眺めながら、フッカー谷を歩くトレッキングコースです。

こちらは、草原の近くですが、山麓には森林もあるという、ミルフォードトラックとは全く違った景色が楽しめます。


日本からは、シンガポール乗換で、ニュージーランド南島のクライストチャーチに入ります。

直行便もありますが、ゆきうさぎが行った11月はハイシーズン、たぶん高くて予約も取りにくいと思います。


クライストチャーチといえば、大きな地震がありましたよね。

ゆきうさぎが行ったときは、地震の前で、とってもきれいな町でした。

クライストチャーチについては、次回、ご紹介しようと思います。


クライストチャーチで飛行機を乗り換え、南西に飛び、クイーンズタウンという町に着きました。

クイーンズタウンは、湖畔のとってもきれいな街で、女王様が住まわれるのにふさわしいからという理由で、この名前がついたそうです。

いかにも英連邦らしい発想ですね。


季節は、春。

桜が咲いています。


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォード

ミルフォードトラックでは、ホテルでガイドウォークとガイドなしウォークの、2種類のトレッキング方法があります。

ガイドウォークは、ガイド4名が付き添い、案内や世話をしてくれます。

トレッキング中は、設備の整ったロッジに泊まることができ、食事も出してもらえます。

1日あたり48名(・・・・だったと思います)の人数制限があります。


ガイドなしウォークは、泊まるだけの山小屋を使い、寝袋や食料は自分で持参します。

コースは、53kmくらいあるので、普通の人は一日では歩けません。

ガイドなしの場合、自分で距離や歩くスピードを調整して、日の出ている間に山小屋に到着する必要があります。

縦走トレッキングに慣れている人向けです。

もちろん、こちらも人数制限ありです。


ミルフォードトラックは、船で渡らないと、入ることができません。

そのうえ、入山者数を制限して、自然を守っているのです。

山小屋とトイレも整備されていて、その辺で・・・・は禁止です。


ゆきうさぎたちは、もちろん、ガイドウォーク。

説明会では、地図をもらい、ロッジで使うシーツなどを貸してもらいました。


ガイドの人も紹介されました。

なんと、その中に日本人女性が!

まさこさんといい、ワーキングホリディで来られているそうです。


説明会の後、町で虫よけや靴擦れ防止のウールのわたなどを買いました。

物価は高いですが、機能的なものが揃っています。


クイーンズタウンで一泊して、翌朝、いよいよトレッキングに出発です。

まずは、テ・アナウの町までバスで行き、船でテ・アナウ湖を対岸に渡ります。


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォード

ここの景色から、もう、とってもきれい・・・・

船の上から、写真を撮ろうと、甲板に上がりました。

船は、水を切って進んでいきます・・・・細かい水しぶきが、2、3滴、カメラにかかりました・・・・


あっ!!!!!カメラが動かなくなってしまいました!!!!!

フィルムカメラのときは、ここまで水に弱くなかったのに・・・・

もう、まっさおです・・・・

「ロッジには、乾燥室があるから、そこに入れましょう」

「掃除機を借りて吸ったら、直ったっていう人もいますよ」

添乗員の真由美さんや、まさこさんたちが、なぐさめてくれました。


だんだん山が近くなって、写真が撮りにくくなり、みんな船の中に入りました。

ミルフォードトラックは、サンドフライというブユの一種がたくさんいます。

刺されたらものすごくかゆいので、みんな、前日に買っておいた虫よけをぬりぬり・・・・


・・・・「ここでぬっちゃ、ダメなんだって!」旅客の一人が声を上げました。

確かに、英語で「虫よけ使用禁止」という張り紙が貼ってありました…・

「日本語で書いてくれないと、わかんないじゃない」

全く、これだから日本人は・・・・とみんなで大笑いしました。


船が対岸に着くと、20分ほど歩いて、最初に宿泊するグレイドハウスというロッジに到着。

ここでは、ミルフォードトラックの風景のスライドを見せてもらいました。

その後、みんな、英語で自己紹介・・・・

英語ができない日本人は・・・・名前だけ言って、あとは万国共通の笑顔で通じます。


ロッジの部屋は、二段ベッドが置いてあり、6人から8人くらい泊まります。

夕食と朝食は、ロッジの従業員が作ってくれます。


翌朝、朝食の後、昼食用のサンドイッチを、自分で作ります。

パン、バター、からし、野菜、ハムなどが置いてあり、自分で好きなものを好きなだけ・・・・

大きなクッキーや飴など、おやつも好きなだけもらっていいんです。

これは、どのロッジでも共通でした。


動かなくなったカメラはどうしたのって?

ご心配をおかけしました。

グレイドハウスで掃除機を借りた後、乾燥室に2時間ほど入れておいたら、また動くようになりました!

よかったよかった・・・・


この日は、あまりアップダウンのない道を6時間くらい歩きます。

距離は、約16km。

ゆきうさぎは、山道に慣れていないうえ、写真を撮りながら歩くので、ゆっくりです。


では、すばらしい景色を、ご堪能ください・・・・



踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォードトラック

天気は曇りでしたが、水の色はとってもきれいでしたよ。


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォードトラック


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォードトラック

オレンジ色をしているのは、コケの一種ですよ。


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォードトラック


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォードトラック

ふかふかのじゅうたんのような、コケです。

ぜんまいの仲間がかわいい・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォードトラック


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォードトラック


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォードトラック

谷地坊主・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォードトラック

バックは、滝です。


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォードトラック

キノコ類も、豊富です。

サルノコシカケを、見つけました。


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォードトラック

この日は、わりあい余裕で、ポンポローナ・ロッジに到着。


このロッジでは、部屋の外からかんぬきをかけるようになっています。

実は、オウムの仲間のキーアという鳥が、部屋に入り込み、荷物をひっくり返して盗んでいくんだとか。


どのロッジにも、洗濯室と乾燥室があります。

自家発電なので、電気の使用は限られており、洗濯機はありません。

脱水は、昔ながらの手回しローラーで洗濯物を絞ります。

乾燥室は、すごく強力で、2時間ほどでだいだい洗濯物は乾きます。

このため、トレッキング中の着替えは、ロッジで着るものだけで済むのです。


翌朝、ポンポローナ・ロッジを出発。

出発前、うるさく言われたのは、リュックの一番上の小物入れに、昼食のサンドイッチを入れないこと。

ちょっと目を離したすきに、キーアがファスナーを開けて、持っていってしまうそうです。

全く、油断できない鳥です。


この日は、マッキノン・パスという1073mの峠を越えます。

ミルフォード・トラックでは、最もアップダウンの大きい行程で、所要時間は7時間くらいです。


お天気は、曇り。

ちょっと、小雨がぱらついてきました・・・・


しばらく歩くと、雨は本降りになってきました。

たいした雨にはならないだろうと思い、レインスーツは着ずに、そのまま歩きました。

道は、だんだん登り坂がきつくなってきました。


ありました!マウントクック・リリーです!

風雨が強いにもかかわらず、元気に咲いています。

直径7、8cmくらいの、大きな花です。


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォード・トラック

雨で心配だったのは、カメラのこと。

初日に、わずかな水滴で止まってしまったものですから、気が気ではありません。

ポリ袋を上からかぶせ、水が入らないようにして、歩きました。

それでも、写真を撮りたくなったら、出さなければならないので、心配・・・・


そこをなんとか撮るのが、写真好き。

雨のほうが、森はきれいです。


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォード・トラック

ミルフォード・トラックの特徴は、全体の景色だけでなく、小さいディティールがすばらしいこと。

コケやシダのちょっとした表情が、とってもきれいなんです。

このころは、まだまだディティール写真は難しすぎましたが・・・・

でも、いい練習になったと思います。


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォード・トラック

これは、お気に入りの一枚。

年賀状の写真になりました。


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ミルフォード・トラック

必死で登って、マッキノン・パスに到着・・・・

でも、暴風雨で、あたりは真っ白・・・・

眺めどころか、全く何も見えません。


ゆきうさぎたちは、ほうほうのていで、山小屋にたどりつきました。

ヤッケの防水が不十分だったので、もう、ずぶぬれです。

この時期はまだ初夏なので、すごく寒かった・・・・


昼食のサンドイッチを食べながら、雨が小降りになることを祈りました。

でも、全然その様子はありません。

仕方なく、また暴風雨の中を、降りることにしました。


降りるルートは、通常のとは違う道を通るよう、ガイドから指示されました。

通常のルートは、崖崩れの危険があったのです。

ゆきうさぎたちが通った道は、すごく急な下り坂!

45度近い斜面です。

ただでさえ、下りが苦手なゆきうさぎは、座っては降り、座っては降り・・・・

とってもこわかったのですが、暴風雨の中、そんなことは言っていられません。


・・・・なんとか、クインティン・ロッジに到着しました。

本当に、大変だった・・・・

これを耐えられたから、なんでも耐えられる、と思いました。


そのあと、余力のあった人は、サザーランド滝を見に行きましたが、ゆきうさぎは、パス。


↓ クリックしてね!(^-^)/

$踊る!旅する!ゆきうさぎ






翌日は、いよいよミルフォード・トラック最終日、終点のサンドフライ・ポイントを目指します。

comment

Secret

1. 初めまして^^

2011.08.19.11:35

とる子さんのところから飛んできました☆

とても美しい写真に仕事を忘れて見入ってしまいました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
道中大変そうですが、こんなにきれいな景色を自分の目で見ることができるなら、行ってみたいと思ってしまいました^^

続きも楽しみにしていますね♪

突然のコメント、失礼しましたm(_ _ )m

2. Re:初めまして^^

2011.08.19.11:48

>yokoyokoさん
コメントありがとうございます!
とる子さんにペタをつけておられて、旅行がお好きそうだったので、ペタをはってみました。
とってもうれしいです。
また見に行きますので、こちらも見てやってくださいね。
ゆきうさぎグッズ!
Suzuriバナー2 Tシャツ、トートバッグ、マグカップ、iPhoneケースを販売してます・・・ 写真リクエストも、受付中!
プロフィール

dancetravel

Author:dancetravel
ご訪問、ありがとうございます。
海外秘境旅行と社交ダンスが大好きな女の子、ゆきうさぎです!

こちら のアメブロでは、記事の更新情報をお伝えしてます・・・・

では、どうぞごゆっくりご覧くださいな・・・・


お知らせ!

パーティでデモをして、ゆきうさぎが撮ってたのに、写真が届かない・・・・
写真をアルバムや額にしたい・・・・

ご要望のある方は、記事にコメントをお願いいたします!
どの記事でもかまいません・・・・

お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス等は、ゆきうさぎが責任をもって管理・・・・
コメントは、公開せずに消去します・・・・

最新記事
スポンサードリンク
旅行記事の目次
マークは、下のおすすめ記事と連動してます・・・・
くわしい旅行記

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省ウサギコスモス

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット波ウサギ

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー波コスモス富士山

 光と静寂の世界 冬の九寨溝 ニコニコ

 爆笑!成都パンダ園ウサギ

 標高差8778mの小国 大ネパール紀行チーズニコニコ

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省コスモスチーズニコニコ

 ナキウサギ遊ぶお花畑・・・・中国青海省ウサギコスモス

 火と氷の島 アイスランド温泉チーズニコニコ

 西インドの華 グジャラートウサギラブラブ!

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省ラブラブ!ニコニコ

 インドヒマラヤ紅茶の里・・・・シッキム・西ベンガルニコニコ

 密林の最高峰・・・・ボルネオ島キナバル山富士山

旅行記ダイジェスト

 ミニヤコンカと四姑娘山温泉富士山

 インドヒマラヤ大走破波

 ミルフォードトラックとマウントクックコスモス富士山

 インド洋の楽園 マダガスカルウサギチーズニコニコ

 インドヒマラヤ花の谷コスモス富士山

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠波ラブラブ!

 イラン北西部周遊コスモスニコニコ

 カピバラとピラニアの国 ブラジルウサギチーズ

 トルコ西部周遊チーズ温泉ニコニコ

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部ラブラブ!ニコニコ

 ボリビア 雨季のウユニ塩湖とチチカカ湖波

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行くラブラブ!ニコニコ

 タジキスタン冒険行波ラブラブ!温泉

 失われた世界 ギアナ高地波コスモス

 やすらぎの国 ラオスチーズニコニコ

 パキスタン カラーシャ族の里ラブラブ!ニコニコ

 

  旅行おすすめ記事です音譜

探検、冒険、ワイルド系波

 インドヒマラヤ大走破

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠

 ボリビア 雨季のウユニ塩湖とチチカカ湖

 タジキスタン冒険行

 失われた世界 ギアナ高地

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

動物、かわいいのん・・・・ウサギ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット

 ナキウサギ遊ぶお花畑 中国青海省

 西インドの華 グジャラート

あこがれのお花に会える・・・・コスモス

 ミルフォードトラックとマウントクック

 インドヒマラヤ花の谷

 イラン北西部周遊

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省

 失われた世界 ギアナ高地

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 ナキウサギ遊ぶお花畑 中国青海省

現地の人と楽しくふれあう・・・・ラブラブ!

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行く

 タジキスタン冒険行

 パキスタン カラーシャ族の里

 西インドの華 グジャラート

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省

この際、食べるチーズ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 トルコ西部周遊

 やすらぎの国 ラオス

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 火と氷の島 アイスランド

えっ?ここで温泉温泉

 ミニヤコンカと四姑娘山

 トルコ西部周遊

 タジキスタン冒険行

 火と氷の島 アイスランド

トレッキング特集富士山

 ミニヤコンカと四姑娘山

 ミルフォードトラックとマウントクック

 インドヒマラヤ花の谷

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

 密林の最高峰・・・・ボルネオ島キナバル山

らくちん、楽しい・・・・入門編ニコニコ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 イラン北西部周遊

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 トルコ西部周遊

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行く

 やすらぎの国 ラオス

 パキスタン カラーシャ族の里

 光と静寂の世界 冬の九寨溝

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 火と氷の島 アイスランド

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省

 インドヒマラヤ紅茶の里・・・・シッキム・西ベンガル

ご訪問うれしいのん
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク