ベリーダンスのお話

2011.10.31.19:36

ゆきうさぎの専門は、社交ダンス。

個人レッスンで、長い間やっています。


ベリーダンスは、4年くらいですが、近くのスポーツクラブのレッスンだけです。

先生は、とっても上手で、ステキなかたです・・・・



ベリーダンスに、そんなにくわしいわけではないので、たいしたことは書けませんが・・・・


確かなことは、体の部分、部分を、細かく丁寧に動かすダンスであるということ。

これは、すごく特徴的なことです・・・・!



ゆきうさぎは、海外旅行で、いろんな国のダンスを見てきました。

現地の人と交流して、一緒に踊ることも多いんです。


その中で、これだけ体を丁寧に使うダンスは、あまり見たことがありません・・・・



もちろん、体がやわらかくて、よく動く方が、どのダンスでも有利です。

でも、そんなに動かなくても、踊れてしまうダンスは、たくさんあります・・・・


一番わかりやすいのが、日本舞踊。

くねくねである必要はありません・・・・


インドヒマラヤ 中国貴州省 など、山里のダンスは、とっても簡単なものです。

初めての人でも、飛び込みで入って、簡単に一緒に踊ることができます。


もちろん、高地では高山病で倒れることがあるので、おすすめできませんが・・・・


南米のインディオの踊り も、飛び跳ねたりする動きが多いものの、やっぱり簡単です。

どちらかというと、衣装のハデさを競っています・・・・



これは、ゆきうさぎの個人的な仮説なんですが・・・・


たくさんの人が長い間にわたって踊ってきたダンスの方が、より複雑な動き方になるんでは・・・・


ベリーダンスは、東はカザフスタンから、西は北部アフリカまで、幅広く踊られています。

もちろん、各国踊りの傾向はちがいますが、東西の交流がさかんなので、いろんな踊り方が伝わって、複雑になったんではないかと・・・・


社交ダンスも、国を越えて踊られており、交流が盛んです。

特に、ラテンは、南米と交流しているので、スタンダードより、体をよく動かすのかも・・・・



そういえば、この間読んだ、「銃・病原菌・鉄」という本でも・・・・

ユーラシア大陸は東西に長くて、気候が同じ地域の交流が盛んになったから、文明が発達したとのことです!



ベリーダンスは、ほんとに、おすすめダンスです!


まず、体をよく動かすので、運動にもなるし、ウェストも細くなります・・・・!


社交ダンスなど、同じ姿勢で踊るダンスも、うまくなります。

ベリーダンスの方が動きが複雑なので、なんでも対応できるんです・・・・!


上手になると、各部分の動きが大きくなるので、運動量が増えて、効果ばつぐん・・・・!



ゆきうさぎは、社交ダンスでやせなくなった分を、ベリーダンスでおぎなっています。

朝一番に、ベリーダンスの音楽をかけて、踊りながらすっきり目ざめてます・・・・!




せっかくベリーダンスのことを書いたのに、よく見たら、肝心の写真がありませんでした・・・・

ごめんなさい・・・・


代わりに、ステファノ・ディ・フィリッポ、オルガ・ウルモヴァ組の、くねくねサンバを、ご覧ください!


踊る!旅する!ゆきうさぎ


人気ブログランキングに、登録してます!

下のマークを押していただくと、ランキングがあがります!よろしくお願いします・・・・

↓ 1日1回!応援してね!音譜アップ

$踊る!旅する!ゆきうさぎ





次回は、こちら

旅行記ダイジェスト・・・・やすらぎの国 ラオス Laos その5

2011.10.31.08:45

ラオス旅行は、7日目です。

この日は、元旦。


夕方まで、ルアンパバーンの観光です。


まず、朝、早起きして、お坊さんたちの托鉢の行を見に行きました。

托鉢とは、お坊さんの修行のひとつで、信者から喜捨を受けるものです。


ラオスは、仏教国ですが、日本の大乗仏教とはちがいます。

タイやスリランカなどと同じ、上座部仏教です。


昔は小乗仏教とよばれていましたが、差別的とされているので、この言葉は使わない方がいいようです。

ゆきうさぎは、宗教のことはよくわからないんですが、戒律が厳しいと聞いています・・・・



6時半ころ、お坊さんたちが通るという場所に着きました。

すでに、たくさんの信者の人たちが、待ち構えています・・・・


信者の人たちは、お米などの食べ物を中心に、お坊さんにあげるものを用意しています。

ゆきうさぎたち一行の中にも、お米やお菓子を準備している人もいました・・・・


やまねこさんと、ゆきうさぎは、もっぱら写真撮影です・・・・



あっ、遠くに、お坊さんたちの姿が見えました・・・・!


踊る!旅する!ゆきうさぎ



だんだん、近づいてきます・・・・

すごい人数です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ


これだけの人数が来ると、あげる方も大変です・・・・


はいはい、はいはい・・・・

すごい速さで、渡していきます・・・・



お坊さんたちは、大きな入れ物を肩からかけていて、その中に入れてもらいます。

こんな和気あいあいの場面も・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ


小坊主くん、発見!

かわいいのん・・・・

踊る!旅する!ゆきうさぎ



ゆきうさぎは、喜捨をする人たちの写真を撮ってあげて、喜ばれました・・・・



托鉢見学がおわったところで、近くの朝市を見に行きました。


路上に、たくさんの露天商が並んでいます・・・・

とってもにぎやか・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ


いろんな食材が、並んでます・・・・


ちびバナナ・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ


ちびタケノコ・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ


お魚も、売ってます。

内陸国なんで、川魚です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ


こちらは、川のり。

お土産に、大人気でした・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ



わっ・・・・!


踊る!旅する!ゆきうさぎ


生きたカエルです・・・・


暴れてるのを、おばさんが、なんと手でわしづかみ・・・・

ポリ袋に、入れ替えてました・・・・!


カエル好きさん、ごめんなさい・・・・



そのほかにも・・・・


こちらも、まだ生きてます・・・・


$踊る!旅する!ゆきうさぎ


こっこさんも、まだ生きてます・・・・


$踊る!旅する!ゆきうさぎ


こちらは、ちまきです。


いろんな包み方がありますね。

中身は、どうでしょうか・・・・


$踊る!旅する!ゆきうさぎ


色とりどりの、お野菜・・・・

見るからに、体によさそう・・・・


$踊る!旅する!ゆきうさぎ


キノコ類も、豊富です。


$踊る!旅する!ゆきうさぎ


こちらでも、エノキダケはもやし栽培なんですね・・・・


$踊る!旅する!ゆきうさぎ



えっ・・・・

たこやきおばさん?


$踊る!旅する!ゆきうさぎ


中には、タコが入ってるんでしょうか・・・・

内陸国ですよね・・・・


しかし、これは、正真正銘のたこ焼き器!

これで大阪弁しゃべってたら、場所を勘違いするかも・・・・



人気ブログランキングに、登録してます!

下のマークを押していただくと、ランキングがあがります!よろしくお願いします・・・・

↓ 1日1回!応援してね!音譜アップ

$踊る!旅する!ゆきうさぎ






この日は、とっても、盛りだくさんでした・・・・

旅行記ダイジェストなので、はしょってしまおうかとも思ったんですが・・・・


ラオスは、海外旅行好きの日本人なら、だれでも行ける国。

たくさんの人に楽しんでもらいたいので、今回と次回は、くわしくご紹介することにしました!

どうぞ、お楽しみください・・・・





7日目の午後からは、引き続き、ルアンパバーンの観光です。

そりを入れるお話

2011.10.30.16:22

今度は何?

そりを入れるって・・・・


まさか、髪形を・・・・



ちがいます、ちがいます・・・・


ワルツ、タンゴなどのスタンダードのダンスで、体をきれいにそらせるお話です!



まぎらわしい言い方しないで!


へい、すみません・・・・

おもしろく読んでいただくには、刺激的なタイトルの方がいいと思いまして・・・・



スタンダード種目では、女性は体をそらせて踊ります。


ただでさえ、猫背なのに・・・・

ほんとに、大変です・・・・



きれいに体をそらせるには、まず、姿勢を改善することが必要です・・・・


背筋を伸ばすことはもちろん、骨盤の傾きを直さないといけないんです・・・・



前にもお話ししましたが、日本人の姿勢は、おなかとお尻を突き出したかっこう。

左側を前にして立って、横から見たら、骨盤が、「乀」の向きに傾いています。


体をそらせたうえに、骨盤が傾いていたら、腰が圧迫されて大変・・・・

無理にそらせると、腰をいためてしまうかもしれません・・・・



たいていの人は、「乀」のまま体をそらせるのが大変なので、代わりにアゴを上げます。

人間、目の位置で判断するので、目が正しい場所にあれば、その過程は問わず・・・・


いえいえ、ダンスの場合は、そうはいきません。

アゴを上げないようにするには、骨盤をまっすぐにするしかないんです・・・・



なんとか、姿勢がよくなったら、今度は、きれいに体をそらせる番。


でも・・・・

これがまた、大変・・・・


脚を使うタイミングや位置で、うまくできたり、ダメだったり・・・・



桜田先生によると、動いているときは、足をきっちりそろえるんではなく、ちょっとだけ右足を後ろに下げておくといいんだそうです・・・・

タンゴのポジションと、一緒ですね。



このあたりは、実際に踊っているところを見ないと、なんとも言えません・・・・

アンジェロ・マドーニア、アレッシア・ベッテイ組で、見てみましょう・・・・



こちらは、止まっているところ。

両足が、きっちりそろっていますね・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ



一方、こちらは、動いているところ・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ


踊る!旅する!ゆきうさぎ


確かに、右足が後ろにきています・・・・!


動いているときは、両足をそろえてしまうと、安定が悪くなって、体をそらせにくいんですね!




レッスン中は、そんなもんかな・・・・でおわってしまい、写真で確かめて、やっと納得したゆきうさぎでした・・・・



人気ブログランキングに、登録してます!

下のマークを押していただくと、ランキングがあがります!よろしくお願いします・・・・

↓ 1日1回!応援してね!音譜アップ

$踊る!旅する!ゆきうさぎ





次回は、こちら

旅行記ダイジェスト・・・・やすらぎの国 ラオス Laos その4

2011.10.30.08:46

ラオス旅行は、6日目。

この日は、大みそかでした。


象に乗って、トレッキングに出かけます。



象は、こんなふうに、森の中を進みます・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Elephants trecking near Luang Phabang


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Elephants trecking near Luang Phabang


森を抜けると、川がありました・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Elephants trecking near Luang Phabang


象は、川に入っていきます・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Elephants trecking near Luang Phabang


川は渡らず、岸に上がります。

お花が、いっぱい・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Elephants trecking near Luang Phabang


トレッキングは、1時間くらい・・・・


森の中を歩いて、川に入って、それだけです。
何かほかの動物など、変わったものが見られるわけではありません・・・・

象に乗ること自体に、意義があるんです・・・・


こちらは、やまねこさんとゆきうさぎが乗った象です。

乗っているのは、象使いのお兄さん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Elephants trecking near Luang Phabang


ゆきうさぎは、バナナを買って、象に食べさせました。

どうもありがとう・・・・


近くに、学校がありました。

子どもたちが、輪まわしをして遊んでいます・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Near Luang Phabang



お次は、メコン川クルーズです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Mecong River Cruise


この景色・・・・

貴州省 や桂林、ベトナムのハロン湾に似ています・・・・

きっと、あのへんの続きなんでしょう・・・・


カルスト地形といって、石灰岩でできた地形ですね。

洞窟が、たくさんできるんです・・・・

船着き場に、着きました・・・・

これから、洞窟を見学します・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Mecong River Cruise

長い階段を上って行くと、洞窟がありました。

パクウ洞窟です・・・・


中には、仏様がいっぱい・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Pak Ou Caves

ラオスの人たちは、信仰が厚いんです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Pak Ou Caves

三脚を持って行かなかったので、ぶれぶれになってしまいました・・・・



こちらは、またメタボな仏様です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Pak Ou Caves



全体は、こんな感じ。

とってもきれいな景色です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ Mecong River Cruise


近くの村で、お酒つくりや紙漉きを見学したり、お土産を買ったり・・・・

安いから、つい、いろいろ買ってしまうのん・・・・



夕方は、街に戻って、夕日を見に行きました。

プーシーの丘とよばれる、夕日の名所です・・・・


丘の上には、すでに、たくさんの観光客が集まっていました。

朝の通勤ラッシュのホームの上みたいに、混んでます・・・・



太陽は、静かに沈んでいきました・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Phu Si


夜は、また、ナイトマーケットに出かけます。

何回見ても、楽しいのん・・・・



やっと、写真が撮れました!

でも、やっぱりぶれぶれです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
The Night Market in Luang Phabang



人気ブログランキングに、登録してます!

下のマークを押していただくと、ランキングがあがります!よろしくお願いします・・・・

↓ 1日1回!応援してね!音譜アップ

$踊る!旅する!ゆきうさぎ






7日目は、元旦。 

ルアンパバーンを観光してから、ビエンチャンに戻ります。






ダンスが上達すると困ることがあるお話

2011.10.29.16:41

ダンスは、いい運動になります。

特に、ダンスを始める前はほとんど運動していなかったという人にとっては・・・・


きっと、うまくやせられると思います・・・・



ところが・・・・

ある程度上達すると、大問題が・・・・


やせない・・・・

太ってきた・・・・


練習時間は減ってないのに、どうして・・・・?



理由は、簡単です。


初心者のうちは、体の芯がぐらぐら・・・・

踊っているうちに、すぐ倒れてしまいます。


体が倒れたままでは、踊れません。

当然、倒れた体をまっすぐに立て直します。

自分では意識していないかもしれませんが、これを繰り返していることが多く・・・・


・・・・そうなんです!

上達すると、体の芯がきちんと保てるようになって、倒れては立て直すという動きが減ります。

すなわち、時間当たりの運動量は、減ってしまうんです・・・・


・・・・そんなあ・・・・

やせようと思って、始めたのに・・・・


わかります、わかります・・・・

ゆきうさぎも、ほんとにショックでした・・・・


でも、下手のままなんて、やだし・・・・



方法があります!

動きを大きくすればいいんです!


体がぐらぐらのままでは、大きく動くことは難しいです。

無理に動くと、ケガをしてしまうことさえあります。


でも、体の芯がしっかりすれば、大きく動いても倒れにくいので、運動量を増やすことができます。

運動量が多くなると、体の芯の筋肉をよく使うので、ますます体の芯がしっかりします。



では、さらに上達すると、どうなるんでしょうか・・・・

実は、かなり大きく動いてもぶれないので、運動量はひどく減ってしまいます。


・・・・ということは、もっとやせない・・・・

わーん!どうしたらいいの・・・・


これを、ぜいたくな悩みっていうんでしょうね・・・・

ゆきうさぎには、縁遠いことですが・・・・




妙案が、あります!

桜田先生に、習うことです!


桜田先生は、元全日本チャンピオン、世界選手権ファイナリスト・・・・

世界レベルの力量を要求されます。


下手なうちは、何歩か動いただけで、ダメ出し・・・・

ほとんど運動になりません。


でも、上手な人と一緒だと、喜んで、がんがん踊ってくれます。

体の芯がしっかりしてたとしても、運動量は十分、確保できると思います・・・・


ちなみに、ゆきうさぎは、運動になるレベルまで全然いってません・・・・

だから、なかなかやせなくて、困っています・・・・



写真は、三坂和彦先生、重富真波先生です。


踊る!旅する!ゆきうさぎ

人気ブログランキングに、登録してます!

下のマークを押していただくと、ランキングがあがります!よろしくお願いします・・・・

↓ 1日1回!応援してね!音譜アップ

$踊る!旅する!ゆきうさぎ



ちなみに、ベリーダンスは、うまくなるほどやせると思います。

くねくねできるところが大きくなるんですから・・・・


でも、トルコ人のダンサーは、太い人が多いんですよ・・・・

トルコは食べ物がおいしいから、きっと、食べすぎですよね・・・・



次回は、こちら

旅行記ダイジェスト・・・・やすらぎの国 ラオス Laos その3

2011.10.29.08:52

5日目は、ジャール平原のサイトⅠを見学してから、バスで、古都ルアンパバーンに向かいます。



まずは、サイトⅠへ。


おや?

これは、何でしょう・・・・?

踊る!旅する!ゆきうさぎ
Plain of Jars Site Ⅰ


実は、これ、地雷がうまってるところを示したものなんです・・・・!


ラオスは、1953年の独立以来、何回も内戦があって、地雷がたくさんうめられました。

踏むと、手足が吹き飛んでしまいます・・・・


地雷がうまった土地は使えないので、終戦後、取り除く作業が行われました。

でも、地雷は手のひらサイズ。

全部取り除くのは、大変です・・・・


そこで、この看板で、地雷の処理が済んでいるかどうか、説明してあるんです。

地面に印がつけてあって・・・・


赤い方は、地雷がうまったままの危険な場所。

白い方は、処理が終わった安全な場所です。


ゆきうさぎたちは、もちろん、白い方を歩いていきます・・・・



朝早かったので、平原には少し、もやがかかっています・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅰ

ちょっと、明るくなってきました・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Plain of Jars Site Ⅰ



こっちのつぼは、少し大きめ。

人間が入ってしまうくらいです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅰ


ふたのあるつぼも、あります。

もとは、みんなふたがあったのかもしれません・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅰ


これは、何の穴?


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Plain of Jars Site Ⅰ


実は、これ・・・・

地雷が爆発して、あいた穴なんです・・・・

こわいですね・・・・



これは?

きやーーーーーっ!!!!!


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Plain of Jars Site Ⅰ


これ、全部、ハチですよ・・・・!

危うきに近寄らず・・・・



ジャール平原の観光が終わって、バスでルアンパバーンに移動します。



ものすごいくねくねの山道が、続きます・・・・


みんな、酔わなかったのが不思議なくらい・・・・

西遊旅行のお客さんは、強いですね・・・・



モン族の村、バンソンブーン村に、立ち寄りました。


踊る!旅する!ゆきうさぎ


モン族は、中国の南部、貴州省からベトナム、ラオス、タイなどの山間部に暮らしている民族です。

貴州省では、苗族と呼ばれています。


でも、苗族っていう呼び名は、中国以外では差別用語なので、モン族というんです・・・・

貴州省の苗族について知りたい方は、こちらの記事 を読んでくださいね。



モン族は、手芸が得意です。


踊る!旅する!ゆきうさぎ


ぶーちゃんは、のんびり・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ



赤ちゃんザルが、かごに入れられていました・・・・

かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ



この子は、草の束を地面にたたきつけています・・・・

繊維を、やわらかくしているようです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ


立派なバナナの木ですね・・・・

おいしそう・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ


かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ




ゆきうさぎたちは、バンソンブーン村を出て、また、うねうね道を走ります・・・・



5時間くらい、ゆれにゆられて・・・・

今度は、カム族の住んでいる、マンラーイチ村に着きました。


踊る!旅する!ゆきうさぎ


ここにも、ぶーちゃんがいます・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ


夕方になって、暗くなってきたので、写真が撮りづらかったのん・・・・



村の、子どもたちです。

かわいいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ


みんなで、走り回って遊びます・・・・

ちょー元気!!!

踊る!旅する!ゆきうさぎ


かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ



ルアンパバーンに着いたのは、夜の7時過ぎ。

おつかれさまでした・・・・



晩ご飯のあと、ナイトマーケットを散策します・・・・

暗くて写真は撮れませんでした・・・・



ルアンパバーンは、古い都です。
観光地としても開けていて、お土産品もいろいろあります・・・・


しかも、安い・・・・

物価は、日本の10分の1ちょっとしかありません・・・・

・・・・となると、いろいろ買ってしまいます・・・・


ゆきうさぎは、和紙にお花を漉き込んであるランプシェードが、お気に入り・・・・

たためるので、かさばらずに持って帰れます。


店番をしていた女の子は、たくさん買ったらまけるから、と言いました。

なかなか、商売上手な様子・・・・


ほかには、刺繍のついたバッグなどを買いました。
楽しかったのん・・・・



人気ブログランキングに、登録してます!

下のマークを押していただくと、ランキングがあがります!よろしくお願いします・・・・

↓ 1日1回!応援してね!音譜アップ

$踊る!旅する!ゆきうさぎ






ルアンパバーンには、2連泊。

6日目は、象に乗るトレッキングと、メコン川クルーズです。

必ず若く見えるようになるお話

2011.10.28.18:07

今回のお話、ほんとなの?


はい、ほんとです。

必ず若く見えるようになる方法を、お話しします・・・・


もしかしたら、ふつうの人にはできないような、ものすごいトレーニングがいるんじゃないの?


・・・・そんなことはありませんよ。


いつも、お上手ばっかり言ってるんだから・・・・

絶対若く見えるようになるって、保証できる?


はい、できます・・・・


あなたが保証するっていっても、何も出ないじゃないの!


はあ、そうですが・・・・



とにかく、さっさと話しなさいよ・・・・!


ははーっ!

承知しました・・・・



・・・・ということで、必ず若く見えるようになる方法・・・・


それは、ダンスを楽しんで踊ることです!


なにそれ?

もう、やってるわよ・・・・!


ですから、もうお若く見えているはずですよ!



ダンスは、いい運動になります。

それだけでも、体の状態が改善され、若く見えるようになります・・・・


また、楽しんで踊ることで、気持ちも明るくなります。

ダンス教室やサークルでお友達とふれあえるようになり、精神状態がよくなります・・・・


年配の方にとっては、ダンスの先生は年下です。

若い先生と接することにより、若さと元気を分けてもらえます・・・・

謙虚に教えてもらうことで、若い人との接し方も上手になります・・・・


ダンスの技術や振り付けを覚えることで、脳が活性化します。

特に、一度にいろいろな点に気を付けるようになるので、脳がいつまでも若々しい状態を保ちます・・・・


ダンスを始めると、おしゃれに気を使うようになります。

お化粧も、念入りにして、きれいであり続けることに関心が高くなります。

その結果、本当にきれいになります・・・・


上手になると、先生やお友達から、ほめてもらえます。

ほめてもらうと、うれしくなり、ますます頑張ります。

すると、ますます上手になり、またほめてもらえます・・・・



これでもか、と並べてみましたが、ほかにも、たくさんあると思います・・・・

これだけ理由があって、若く見えないわけはありません。


事実、ゆきうさぎが見た中で、老けて見える人はひとりもいませんよ!



今まで、ダンスをなさっていなかった方も、この機会に、ぜひお始め下さい・・・・


桜田ダンス教室 で、お会いしましょう・・・・

お写真、撮らせていただきます!


写真は、高橋譲仁先生、井川まゆみ先生です。


踊る!旅する!ゆきうさぎ


人気ブログランキングに、登録してます!

下のマークを押していただくと、ランキングがあがります!よろしくお願いします・・・・

↓ 1日1回!応援してね!音譜アップ

$踊る!旅する!ゆきうさぎ






次回は、こちら

旅行記ダイジェスト・・・・やすらぎの国 ラオス Laos その2

2011.10.28.08:49

ラオス旅行は、4日目。


この日は、ビエンチャンのお寺の観光をしたあと、北部のシェンクワンに向かいます。



ホテルを出て、まず、ワット・ホーパケオというお寺へ・・・・



テさんが、いろいろ説明してくれましたが、ゆきうさぎは、どうも覚えられず・・・・

ごめんなさい・・・・


正面は、逆光だったので、反対側にまわりました。

踊る!旅する!ゆきうさぎ Wat Ho Phakeo


お寺の中に、入ります・・・・



仏像が、たくさんあります。

仏像って、現地の人の顔に似てくるんですね・・・・

踊る!旅する!ゆきうさぎ
Wat Ho Phakeo

ここで、仏像のおなかより少し下に、ご注目・・・・

金色の、しみのようなものがありますね・・・・


これは、お参りした人たちが貼った、金箔です。

自分の体の悪い部分にあたるところに、金箔を貼ると、よくなると言われているそうです・・・・


こちらの、龍の目にも貼ってありますよ。


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Wat Ho Phakeo

こんなきれいな塔も、ありました・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Wat Ho Phakeo



次に、ワット・ホーパケオの向かい側にある、ワット・シーサケートを見に行きます・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Wat Sisaket


屋根には、すてきな龍の飾りが・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Wat Sisaket

中には、たくさんの仏像がありました。

その数、なんと、約1万体・・・・!


みんな、黄色の布がかけられています。


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Wat Sisaket

ハデハデ、ラメ模様の布ですね・・・・!


黄色なら何でもいいらしく、中には・・・・

踊る!旅する!ゆきうさぎ
Wat Sisaket

踊る!旅する!ゆきうさぎ
Wat Sisaket


ラオスの人たちも、光り物が好きなんですね。


こんなお堂も、ありました・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Wat Sisaket

それにしても、ハデ・・・・

日本人も、見習ってパーッといきましょう・・・・!




次に訪れたのは、タート・ルアン。

きんきらきんの仏塔です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ That Luang


この金色は、何なんでしょう・・・・

まさか、金箔じゃないだろうし・・・・


・・・・と思って、周囲を歩き回りました。

よく見ると、金色のペンキでした・・・・


本物の金とは、全然ちがう色でしたよ。



ちょっと、中を見てみると・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

That Luang

全部、きんきらきんでした・・・・!




こちらは、タート・ルアンのとなりにあった、迎賓館です。


踊る!旅する!ゆきうさぎ

The State Gesthouse

立派な建物ですね・・・・

中には入れませんでしたが・・・・




このあと、ビエンチャンの空港へ行き、中のレストランでお昼ご飯を食べました。

ビュッフェ形式で、お寿司もあり、いろいろ楽しめましたよ。



では、シェンクワンに向かうため、搭乗手続きをして、待合室に入ります。


これは・・・・!


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Vientiane Airport

トイレの神様じゃありませんか・・・・!

ラオスにも、いたんですね!


テさんによると、数年前までは、トイレがきたなかったそうです。

でも、いろいろキャンペーンをした結果、とってもきれいになりました!

この旅行中に立ち寄った場所で、トイレがきたなかったところは全くありませんでした・・・・



飛行機は、あっという間に、シェンクワンの空港に到着・・・・

ビエンチャンも、国内線は小さい空港ですが、こちらは、もっとこじんまりしています・・・・


空港を出て、ジャール平原に向かいます。



ジャール平原は、へんてこな石のつぼがたくさんある、古代の遺跡です。

このつぼ、大きさはいろいろあるんですが、何に使ったかがよくわかりません・・・・


ジャール平原には、3か所、つぼのころがっている場所があります。

この日は、サイトⅢとサイトⅡを見学します。


サイトⅢは、こんなところです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅲ

「ジャール」っていうのは、フランス語でつぼのことですよ。

炊飯器をジャーっていう、あれです。


たくさんあります・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅲ


全体的にも、とってもきれいなところです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅲ

かなり、古いんですね・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅲ

木が、つぼを割ってしまいました・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅲ

超ひま・・・・だれか、からんで・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅲ



続いて、サイトⅡです。

だんだん、日が落ちてきました・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅱ


あっ、けむりが・・・・!


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅱ

火事じゃありません。

向こうで、たき火をしているんです・・・・



踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅱ

夕日がとってもきれいだったので、帰ろうとする人を説得して、粘りました。

日が沈んでからの方が、空がきれいに赤くなるんです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Plain of Jars Site Ⅱ


ううう・・・・寒い・・・・

このあたりは、山の中で、標高が高いんです・・・・


写真好きのやまねこさんとゆきうさぎは、一番最後まで粘って、こごえてしまいました・・・・



この日は、シェンクワンで泊まりました。



人気ブログランキングに、登録してます!

下のマークを押していただくと、ランキングがあがります!よろしくお願いします・・・・

↓ 1日1回!応援してね!音譜アップ

$踊る!旅する!ゆきうさぎ







5日目は、サイトⅠを見学してから、バスで、古都ルアンパバーンに向かいます。 

足型のお話

2011.10.27.17:47

この間、新聞を読んでいたら、社交ダンスを始めるよう、勧める記事がありました。


健康にいいから・・・・

同感です。



では、どうやって始めるか。


服装や靴のことが書いてあります。

ふむふむ・・・・



次に、どうやって習得するか。


まず、ステップを覚える。

そのためには、足型をたどって・・・・




ちょ、ちょっと、待ってください!

足型をたどって覚えるんですか?


そうですよ。

みんなやってることですよ。

それが、なにか・・・・?



桜田先生は、足型を使うことは、絶対にダメだと言われます。



足型をたどると、まず、下を向くようになります。

これがダメなんです・・・・


また、足型を使うと、体が進行方向に倒れます。

ちょうど、地面に絵を描いて、けんけんをしているようなかっこになるんです。

想像しただけで、社交ダンスには向いていませんね・・・・


おまけに、リズムの取り方が、おかしくなります。

体は、いきなり移動できません。

移動するために準備する動きが必要なんですが、これをはしょってしまうので、音楽に合わなくなってしまいます・・・・



桜田先生に習うまでは、ステップは絶対だと思ってました・・・・

このリードがきたら、このステップだから、こっちの方向にこのくらいの距離を動く、なんて覚えてました・・・・


でも、桜田先生に習い始めて、この点は徹底的に直されました!


名前がついているステップは、あくまで種類・・・・

ひとつひとつの動きは、ふたつと同じものはありません。


方向、高さ、タイミング・・・・

全部ちがうんです。


男性は、その場に合った動きを考えてリードし、女性は、男性のリードのとおりに踊る・・・・


ほんとはあたりまえのことなんでしょうが、びっくりでした・・・・

ダンスって、奥が深いですね・・・・



桜田先生は、足型から始めるのではなく、リズムダンスから始めるのがいいと言われます。

音楽に合わせて自由に動く練習をすると、音楽を使うのがうまくなり、動きやすくなって、自然な感じで踊れるようになるそうです・・・・


そういえば、日本人って、ごちごちになって踊る人が多いですよね。

これも、足型をたどるくせがついているからなんでしょうか・・・・




写真は、高橋滋先生、高崎なぎみ先生です。




踊る!旅する!ゆきうさぎ


人気ブログランキングに、登録してます!

下のマークを押していただくと、ランキングがあがります!よろしくお願いします・・・・

↓ 1日1回!応援してね!音譜アップ

$踊る!旅する!ゆきうさぎ






次回は、こちら

旅行記ダイジェスト・・・・やすらぎの国 ラオス Laos その1

2011.10.27.08:54

旅行記ダイジェストも、あと2回。


今回は、去年から今年にかけての年末年始に行った、ラオスです。



ラオスって、一応聞いたことはあるような・・・・

東南アジアだっけ・・・・


そうです。

ベトナムとタイにはさまれた、南北に細長い、内陸国です。


首都は、ビエンチャン。

でも、ここは新しく作られた町で、ルアンパバーンの方が歴史が長く、みどころもたくさんあります。


日本からは、タイのバンコクか、ベトナムのハノイから入ります。



日本から近い国なのに、マスコミ露出は極端に少ない・・・・

どんな国だろう・・・・


不思議に思っていました。



ラオスは、以前、旅行で知り合った人たちから、よかったと聞いており、一度行きたいと思っていました。


でも、ものすごく大きな自然の造形を見せられると、つい、そっちにふらふら・・・・

なかなか、ラオスに行く機会がありませんでした・・・・



ところが、前回の年末年始は、旅行の申し込みが遅れて・・・・

長い期間の旅行には、参加することができませんでした。


どうしよう・・・・

ナミビアで一緒だった人が、スリランカに行くというので、問い合わせてみたら、これも満員でダメ。


結局、残ったのがラオスでした。

いつか行こうと思ってたから、ちょうどいいか・・・・


ちょっと消極的に出かけた旅行でした・・・・



前置きは、このくらいにして・・・・

中身をご紹介しましょう・・・・



1日目は、まず、東京から大阪経由でバンコクに向かい、ここで一泊。


えっ・・・・どうして大阪経由?


実は、このときは、すごく東京-バンコク間が込み合っていて、飛行機の座席が取れなかったんです。

ゆきうさぎの申し込みも遅れたし・・・・

やっぱり、早く申し込まないと、ダメですね。


ツアーには、エチオピアのダナキル砂漠でご一緒した女性、カザフスタンでご一緒した男性がいて、再会を喜び合いました。

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆の時期は、同じ人によく会うんです・・・・


添乗員は、大阪営業所から来た明子さん。

ゆきうさぎとは、長いお付き合いですが、添乗してもらうのは、初めてです。




2日目は、早朝、バンコクから飛行機で、東北タイの中心地、ウボンラチャターニーに行きました。


飛行機は、エア・アジアというタイの航空会社。

今、はやりのLCC、格安航空会社です。


機体も、座席も、全部真っ赤・・・・


ゆきうさぎは、命名、「赤札航空」・・・・!


「ちょっと、赤札航空に乗るって、やだな・・・・」と、ほかの旅客が笑っていました・・・・


ウボンラチャターニーに着いたあと、バスに乗り換え、タイとラオスの国境を越えます・・・・



ラオス側には、スルーガイドのテさんが、迎えに来てくれました。

とっても日本語が上手です。



この日の最初の観光は、コーンパペンの滝。


まず、滝の近くのゴルフ場のレストランで、お昼ご飯です。

ここで、となりの席になったのが、やまねこさんでした。


仲良くなったきっかけは、このにゃんこです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Near Khone Phapheng Falls


暗くてうまく撮れなかったんですが・・・・


この子は、すごくおなかをすかせていました。

体もやせていて・・・・


やまねこさんは、無口な人ですが、動物が大好き!

この子に、食べ物をわけてやりました。


にゃんこは、がつがつ食べました・・・・

そして、とうとう、やまねこさんの指をかんでしまったんです!


細い歯は、意外にするどくて、血が出ました・・・・

大変・・・・


普通の人なら、ぺしっ!と、にゃんこをたたくでしょう・・・・

でも、やまねこさんは、とってもやさしく、にこにこしているだけ・・・・


あっ、いい人なんだな・・・・と思い、お話しするようになりました。



ラオスは、にゃんこが多いんですが、お世辞にもあつかいがいいとは言えず・・・・

ろくに食べ物をもらってないみたいで、みんなやせて、おなかをすかせています・・・・


人間も、まだまだ貧しくて、太っている人はほとんどいません。

きっと、にゃんこにまで、食べ物がいきわたらないんですね・・・・



レストランから、滝の展望台まで、約10分。


これが、コーンパペンの滝です・・・・!


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Khone Phapheng Falls


落差は低いですが、とにかく、広い・・・・!

小さい滝が、たくさん集まっています。


ゆきうさぎは、シャッタースピードを速くしたり、遅くしたりして、写真を撮りました。

上の写真は、遅くしたものなんですが、できはどうでしょうか・・・・



コーンパペンの滝のまわりは、トレッキングができるところもあるようですよ。

また、次の機会に行ってみたいですね。

滝の観光が終わって、ゆきうさぎたちは、バスに乗り、パクセという町に向かいます。



1時間くらい行ったところで、スイギュウの群れに会いました。


水につかって、きもちよさそう・・・・

子牛が、かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Near Khone Phapheng Falls


パクセに着きました。

ここでは、宮殿ホテルに泊まります。


宮殿ホテルといえば、聞こえがいいんですが、いい部屋ばかりとは限りません。

だって、召使いや下男の部屋だってあるんですから・・・・


でも、ゆきうさぎは、いい部屋をもらえました。

よかったのん・・・・


夕食は、スープや肉料理など、いろいろ出ました。

食材が豊富なうえ、日本人の口にも合う、おいしい料理です。


ゆきうさぎのお気に入りは、「カオニャオ」という、もち米。

小さい竹籠に入れて、出てきます。


うさぎだから、おもちが好きなのん・・・・

食べ過ぎて、太ったのん・・・・


3日目は、世界遺産の遺跡、ワットプーを見学したあと、飛行機で、首都ビエンチャンに向かいます。



朝早く起きると、ホテルから、きれいな朝焼けが見えました・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Pakxe


パクセの町を出てから、ボートに乗り、メコン川を渡りました。


こんな感じで、立って乗るボートもありますよ・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Mekong River


もちろん、ゆきうさぎたちは、座って乗れるボートに乗りました。

雲が、とってもきれいでしたよ・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Mekong River


すばらしい景色の中を歩いて、遺跡に向かいます・・・・

踊る!旅する!ゆきうさぎ
Near Wat Phou


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Near Wat Phou


着きました!

こちらが、ワットプー遺跡です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Wat Phou

お花が、かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Wat Phou


なに、これ・・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Wat Phou


コブラだそうです。

きっと、神様のお使いなんでしょうね・・・・

遺跡は、修復中です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Wat Phou


レリーフが、たくさんありました。


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Wat Phou


もっといろいろあったんですが、紹介しきれません・・・・

たくさん見たい方は、現地へどうぞ・・・・



ジャックフルーツです。

こんな感じで、なってます。


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Wat Phou


日本語では、「パラミツ」というそうです。

おいしいんですよ。



遺跡の観光が終わったら、パクセの町に戻り、空港に行きました。


いいお天気です。

こんなかわいいプロペラ機に乗りました。

踊る!旅する!ゆきうさぎ
Laos Airlines


飛行機は、首都ビエンチャンへ。



夕方になっていましたが、ラオス版凱旋門、パトゥーサイへ行きました。


ラオスは、以前、ベトナムと一緒に仏領インドシナとして、フランスの植民地でした。

今も、みなさん、フランス語が上手です。


この門も、パリの凱旋門を模して造ったそうですが・・・・

どう見ても、ゆきうさぎには似ているとは思えず・・・・


夕方で、光の加減がよくなかったので、全景はまた明日の朝に撮りに来ようと思い、そのまま忘れてしまいました・・・・


こちらは、門の中の天井です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Patuxay

豪華ですよね・・・・

暗かったのに、よく撮れたと思います・・・・


門の上に、登りました。


こちらは、上から撮ったところです。


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Patuxay


飾りのうち、青く光っているのは、ガラスです。


ラオスの人たちは、ガラス細工が大好き・・・・

寺院の飾りにも、よく使われていました。


夕食は、町のレストランで。


民族舞踊を、見せてもらいました・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Vientiane


かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ

Vientiane


男の子も、女の子も、かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ
Vientiane


人気ブログランキングに、登録してます!

下のマークを押していただくと、ランキングがあがります!よろしくお願いします・・・・

↓ 1日1回!応援してね!音譜アップ

$踊る!旅する!ゆきうさぎ







4日目は、ビエンチャンを観光したあと、北部のシェンクワンに飛び、なぞの遺跡が残る、ジャール平原を観光します。 

ゆきうさぎグッズ!
Suzuriバナー2 Tシャツ、トートバッグ、マグカップ、iPhoneケースを販売してます・・・ 写真リクエストも、受付中!
プロフィール

dancetravel

Author:dancetravel
ご訪問、ありがとうございます。
海外秘境旅行と社交ダンスが大好きな女の子、ゆきうさぎです!

こちら のアメブロでは、記事の更新情報をお伝えしてます・・・・

では、どうぞごゆっくりご覧くださいな・・・・


お知らせ!

パーティでデモをして、ゆきうさぎが撮ってたのに、写真が届かない・・・・
写真をアルバムや額にしたい・・・・

ご要望のある方は、記事にコメントをお願いいたします!
どの記事でもかまいません・・・・

お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス等は、ゆきうさぎが責任をもって管理・・・・
コメントは、公開せずに消去します・・・・

最新記事
スポンサードリンク
旅行記事の目次
マークは、下のおすすめ記事と連動してます・・・・
くわしい旅行記

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省ウサギコスモス

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット波ウサギ

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー波コスモス富士山

 光と静寂の世界 冬の九寨溝 ニコニコ

 爆笑!成都パンダ園ウサギ

 標高差8778mの小国 大ネパール紀行チーズニコニコ

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省コスモスチーズニコニコ

 ナキウサギ遊ぶお花畑・・・・中国青海省ウサギコスモス

 火と氷の島 アイスランド温泉チーズニコニコ

 西インドの華 グジャラートウサギラブラブ!

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省ラブラブ!ニコニコ

 インドヒマラヤ紅茶の里・・・・シッキム・西ベンガルニコニコ

 密林の最高峰・・・・ボルネオ島キナバル山富士山

旅行記ダイジェスト

 ミニヤコンカと四姑娘山温泉富士山

 インドヒマラヤ大走破波

 ミルフォードトラックとマウントクックコスモス富士山

 インド洋の楽園 マダガスカルウサギチーズニコニコ

 インドヒマラヤ花の谷コスモス富士山

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠波ラブラブ!

 イラン北西部周遊コスモスニコニコ

 カピバラとピラニアの国 ブラジルウサギチーズ

 トルコ西部周遊チーズ温泉ニコニコ

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部ラブラブ!ニコニコ

 ボリビア 雨季のウユニ塩湖とチチカカ湖波

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行くラブラブ!ニコニコ

 タジキスタン冒険行波ラブラブ!温泉

 失われた世界 ギアナ高地波コスモス

 やすらぎの国 ラオスチーズニコニコ

 パキスタン カラーシャ族の里ラブラブ!ニコニコ

 

  旅行おすすめ記事です音譜

探検、冒険、ワイルド系波

 インドヒマラヤ大走破

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠

 ボリビア 雨季のウユニ塩湖とチチカカ湖

 タジキスタン冒険行

 失われた世界 ギアナ高地

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

動物、かわいいのん・・・・ウサギ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット

 ナキウサギ遊ぶお花畑 中国青海省

 西インドの華 グジャラート

あこがれのお花に会える・・・・コスモス

 ミルフォードトラックとマウントクック

 インドヒマラヤ花の谷

 イラン北西部周遊

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省

 失われた世界 ギアナ高地

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 ナキウサギ遊ぶお花畑 中国青海省

現地の人と楽しくふれあう・・・・ラブラブ!

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行く

 タジキスタン冒険行

 パキスタン カラーシャ族の里

 西インドの華 グジャラート

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省

この際、食べるチーズ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 トルコ西部周遊

 やすらぎの国 ラオス

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 火と氷の島 アイスランド

えっ?ここで温泉温泉

 ミニヤコンカと四姑娘山

 トルコ西部周遊

 タジキスタン冒険行

 火と氷の島 アイスランド

トレッキング特集富士山

 ミニヤコンカと四姑娘山

 ミルフォードトラックとマウントクック

 インドヒマラヤ花の谷

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

 密林の最高峰・・・・ボルネオ島キナバル山

らくちん、楽しい・・・・入門編ニコニコ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 イラン北西部周遊

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 トルコ西部周遊

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行く

 やすらぎの国 ラオス

 パキスタン カラーシャ族の里

 光と静寂の世界 冬の九寨溝

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 火と氷の島 アイスランド

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省

 インドヒマラヤ紅茶の里・・・・シッキム・西ベンガル

ご訪問うれしいのん
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク