民族いろいろ紀行 その10の3 エチオピア

2012.04.14.08:57

今回は、民族いろいろ紀行の最終回です・・・・



前回に続いて、エチオピアのみなさんを、ご紹介しましょう・・・・



ここは、バティっていう、町です・・・・

毎週1回の、市がたつ日に行きました・・・・



市は、家畜市と雑貨市に分かれてます。



こちらは、家畜市です・・・・

ラクダをはじめ、ウシ、ヒツジ、ヤギ、ロバなど、たくさんの動物が売られてます・・・・かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


こちらは、雑貨市!

ニンニク売りのお兄さんが、ステキな笑顔を見せてくれました!

踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



エチオピアは、最近、人気が出てきた国・・・・

西遊旅行でも、ギアナ高地やウユニ塩湖とならんで、一番人気です!


ゆきうさぎのブログでも、毎週、ダナキル砂漠やアファールの検索が入ってきます・・・・

うれしいのん・・・・



ここで、もう一度、ダナキル砂漠のみどころを、ご紹介します!



まずは、いままでご紹介した、塩湖と塩のキャラバン・・・・



アサレ湖です・・・・塩湖だけでも、きれいなのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



次は、エルタ・アレ火山!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



このあたりは、火山だらけです・・・・富士山そっくりの、コニーデ式火山も見られます・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



エルタ・アレ火山観光のおもしろいところは、火口をのぞけるところ・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


火口は、二重になってます・・・・広いのん・・・・

さらに、内側をのぞくと・・・・


きゃー!!!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



夜の火口は、こんなのです!きゃー!!!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



オリオン座が、見えます・・・・

赤くなってるのは赤外線をカメラが赤にとらえたから・・・・じっさいには、赤くありませんでした・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



その次は、ダロール地区の奇観・・・・3か所あります・・・・


まずは・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



硫黄が吹き出してます・・・・すごいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


水に沈んでるとこは、円盤みたいになります・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル




2つ目は、ソルト・マウンテンです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



でかいのん・・・・岩山に登った軍人さんが、虫みたいに小さく見えます・・・・


遺跡みたいに見えますが、自然の産物です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



3つ目は、こんなのです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


これも、硫黄の泉なんですが、赤茶色・・・・たぶん、鉄分が多いんだと思います・・・・


飲んじゃ、ダメ・・・・鳥さん、死んじゃいました・・・・かわいそうに・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


硫黄泉は、大きいのから小さいのまで、たくさんあります・・・・

一番大きいのは、これ・・・・あっちこっちで、水がわいて、すごいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


こんな地層も、ありました!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



エチオピアの大地溝帯は、地球の裂け目です・・・・

裂け目の両側は、押し込まれるんで、こんなに地層が曲がってるんですね・・・・



エチオピア、ちょーおもしろかったのん・・・・

また、行ってみたいのん・・・・


人気ブログランキング!


              踊る!旅する!ゆきうさぎ

     あなたのぽちっで、ランキングアップ

        このブログの順位もわかります・・・・応援してね!音譜アップ

                     $踊る!旅する!ゆきうさぎ


次回からは、植物特集です・・・・

民族いろいろ紀行 その10の2 エチオピア

2012.04.13.08:58

エチオピアの民族紀行、つづきです・・・・



北東部に住んでるアファール族は、もともと、遊牧民です・・・・


ラクダを放牧してます・・・・かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル




こちらは、アフデラ湖っていう、塩湖です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル




湖から塩水を入れ、天日で乾かすという工程を何回か繰り返すと、塩が山盛りになります。

これをつるはしで砕いて運んで、出荷します。


外国では、海藻を食べないのでヨード分が不足する地域が多く、塩にヨードをブレンドします・・・・

ここでも、ヨードのブレンドが行われていました・・・・




一方、こちらは、アサレ湖です・・・・

炎天下、アファール族のみなさんが、頑張って塩を掘ってます!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


ここは、アフデラ湖のような塩田を作らなくても、自然に塩の層ができてます・・・・


左側の人が、塩に切れ目を入れます。

すると、切れ目に沿って、右側の人たちが棒を差し込み、テコの原理で、えいっと持ち上げるんです!


塩は、8kgくらいの板に成形して、売るんです・・・・



塩を掘り出して、成形するまでが、アファール族の仕事・・・・

これをラクダに載せて、都会まで持っていくのは、キリスト教徒のティグレ族の仕事です・・・・



どうして、分業になってるんでしょうか・・・・



実は、このアファール族、交渉下手みたいなんです・・・・


ティグレ族は、商売人なんで、塩を掘らせたら、利益をみんなもって行かれちゃいます・・・・


このために、アファール族は、組合を結成!

塩の販売窓口を、この組合1本にしぼって、独占化しました!


ティグレ族は、塩がほしかったら、この組合から買うしかありません・・・・

こうやって、アファール族は、面倒な交渉をしないですむようにしてるんです・・・・



アファール族の子どもたちは、ちょー元気です!かわいいのん・・・・

踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル




ゆきうさぎたちが、小屋の中にいたら、子どもたちが入ってきました!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


旅客の女性が扇子を貸してやったら、男の子がうれしそうにおどけて見せました!

かわいいのん・・・・


子どもたちは、扇子が珍しいので、大はしゃぎです!


こわされたら、大変・・・・あわてて女性は扇子を取り上げました・・・・




ここからは、商売人のティグレ族の人たちを、ご紹介しましょう!


ティグレ族は、アファール族の組合から、塩を買って、これを都会まで運びます。



このあたりは、ものすごい砂ぼこり・・・・

車は、しょっちゅう、スタックします・・・・もちろん、修理は自分でしないといけません・・・・



ティグレ族は、塩を運ぶのに、ラクダとロバを使います。

動物の方が、ちゃんとエサをやってれば、故障したりしないから、確実なんですね・・・・


ちなみに、ラクダとロバも、アファール族から買うんです!



ティグレ族は、アファール族の組合に、連れてきた動物の分だけ、塩の代金を支払います。

代金は、ラクダ1頭、ロバ1頭について、それぞれ決まってます。



支払いがすんだら、ティグレ族は、動物たちをアサレ湖に連れて行きます・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


アサレ湖に行くのは、夜明けころ・・・・朝日に照らされて、とってもきれいなのん・・・・



アサレ湖に、着きました!

切り出された塩を、動物たちに積んでます・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



積み終わったら、都会に向けて、出発しましょう!


すごい、行列です・・・・右上の方まで、ずっとつづいてます・・・・かるく、1000頭はいます・・・・

踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



ラクダは体が大きいので、200kg以上、積むことができます・・・・

ロバが、犬みたいに小さく見えますね・・・・




塩湖の上を、ラクダがわたっていきます・・・・お気に入りの写真です・・・・

踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



キャラバンの隊列、ちょー長いのん・・・・

踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



近くのメケレの町まで、1週間くらいかかります・・・・

町に着いたら、干し草など、動物たちの食べ物を積んで、また塩を買いに行くんです・・・・



メケレに行く途中で出会った、ティグレ族の女の子たちです・・・・かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



こちらは、メケレの市場です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


塩が、売られてました!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


人気ブログランキング!


           踊る!旅する!ゆきうさぎ

     あなたのぽちっで、ランキングアップ

        このブログの順位もわかります・・・・応援してね!音譜アップ

                     $踊る!旅する!ゆきうさぎ



次回は、民族いろいろ紀行の最終回です・・・・

民族いろいろ紀行 その10の1 エチオピア

2012.04.12.08:56

民族いろいろ紀行、とうとう、最後の国にやってきました・・・・



その国とは・・・・エチオピア!



トルコまで行ったら、アフリカの方が、南米より近い・・・・どうして、アフリカがあとまわしになったのかな?

ゆきうさぎは、アフリカに行ったことがあるはずなのに・・・・


そう思われた方も、おられたでしょう・・・・



アフリカをあとまわしにしたのは、エチオピアを最後にもってきたかったからです!


その理由は・・・・一番、おもしろいから!



まず、場所から確認しましょう・・・・



エチオピアは、アフリカの北東部にあります。


アラビア半島の南、アフリカの角といわれるソマリアの西、ケニアの北・・・・

だいだいわかってもらえたでしょうか・・・・



ゆきうさぎは、エチオピアには、2回、行ってます。



1回目は、南西部、ケニアに近い場所・・・・

口にお皿をはめた民族など、すごく変わった人たちが住んでるんですが・・・・


フィルム写真で撮ったので、画像がアップできません・・・・ごめんなさい・・・・



2回目は、北東部のダナキル砂漠に行きました!


ダナキル砂漠は、エチオピアの北東部、エリトリアの南側にあります。


このあたりは、アファール地方と呼ばれ、イスラム教の人々が住む地域・・・・

アフリカ大地溝帯の北の端にあたります。


ここは、人類発祥の地!


ルーシーっていう名前がつけられた、アウストラロピテクス・アファレンシスなど・・・・

昔の人類は、このあたりで発見されました!


学名のアファレンシスは、アファールからとったものなんです・・・・



つまり、人類発祥の地を、しめくくりにしたかったっていうわけです!



では、早速、ご覧いただきましょう・・・・


エチオピアには、たくさんの民族が住んでます。


ガイドのテディさんは、アムハラ族・・・・エチオピアの公用語、アムハラ語は、この民族の言葉です。



こちらは、テディさんの奥様・・・・美人ですね・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



奥様のドレスは、エチオピアの民族衣装・・・・青の色が、とってもあざやかです・・・・


十字架の模様があるのは、エチオピア正教っていう、キリスト教の模様から来てると思います・・・・



エチオピアには、4世紀ころ、キリスト教が入りました。


旅行中に聞いたお話では、キリスト教徒の外国人を救助したことから、伝わったとのこと・・・・

その後、独自のエチオピア正教として、根づいたそうです・・・・



奥様が持ってるお盆にのってるのは、コーヒーカップです!


エチオピアは、世界有数のコーヒーの産地・・・・とってもおいしいのん・・・・

お土産に、たくさん買って帰りました!


エチオピアでは、日本の茶道みたいに、コーヒーでお客さんをもてなします。

コーヒーセレモニーっていうんですよ・・・・


上の写真は、テディさんのおうちで、奥様がコーヒーセレモニーをしてくださってるとこなんです・・・・

ステキな習慣ですね・・・・



次に、旅先で出会ったみなさんを、ご紹介しましょう!



この人は、何族か、ちょっとわかりません・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


美人ですよね・・・・エチオピアは、美人の国なんです・・・・



この人が、髪を細かく編んでるのは、わけがあります。


エチオピアは、土地が砂地で、ものすごいほこりだらけ・・・・こんな感じです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


これ、竜巻なんです・・・・すごいのん・・・・


とうぜん、髪の毛は、がびがび・・・・

しっかり編み込みにするか、スカーフをかぶるかしないと、ひどい目に合います・・・・


エチオピアでは、宗教を問わず、スカーフをかぶってる人が多いのん・・・・

ゆきうさぎも、髪を手ぬぐいでしっかり巻いた上から、スカーフをかぶってました・・・・



次にご紹介するのは、ダナキル砂漠のある、アファール地方、地元のみなさん・・・・


アファール族です!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



こちらは、若奥さんです。

結婚すると、黒いスカーフをかぶるようになるそうです・・・・



こちらのおじさまは・・・・おっと・・・・!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



アファール族は、イスラム教徒です。

男性は、みんな、伝家の宝刀をもってます・・・・そんなにかんたんに、抜いちゃっていいの?



黒い肌には、あざやかな色がよく似合います!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



アファール地方は、標高がマイナス・・・・

夏には、最高気温が50度を超える、世界でも一番暑いところです・・・・


イスラム教徒ですが、おなか出しOK!戒律は、ぜんぜんうるさくないんですね・・・・



この女性は、エチオピアの主食、インジェラを焼いてます・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル


インジェラは、テフっていう雑穀を、発酵させてつくります。


クレープみたいに、うすっぺらく焼いて、上にミートソースを乗せます。

食べるときは、インジェラを手でちぎって、ソースをつけるんです・・・・


発酵食品なんで、すっぱいのん・・・・ゆきうさぎは、ちょっと苦手でした・・・・



こちらは、テフを収穫してるところです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ダナキル



人気ブログランキング!


              踊る!旅する!ゆきうさぎ

     あなたのぽちっで、ランキングアップ

        このブログの順位もわかります・・・・応援してね!音譜アップ

                     $踊る!旅する!ゆきうさぎ



次回は、アファール族のつづきからです・・・・ 

民族いろいろ紀行 その9 マダガスカル

2012.04.11.08:56

民族いろいろ紀行、前回は、南米のボリビアでした・・・・



南米では、ベネズエラにも行きました。


でも、写真を見てみたら、景色やお花や虫ばっかし撮って、人間はほとんど撮ってなかったのん・・・・

ごめんなさい・・・・


ちなみに、ベネズエラも、先住民のインディオの人、スペイン系の人、混血の人がいます・・・・



・・・・ということで、今回は、一気にアフリカへ・・・・


マダガスカルのみなさんを、ご紹介しましょう!




マダガスカルといえば・・・・


バオバブ・・・・大きいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-マダガスカル


ワオキツネザル・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-マダガスカル



ブラウンキツネザル・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-マダガスカル




ベローシファカ・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-マダガスカル



カメレオン・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-マダガスカル



まだまだ、いろいろありますよ!



あの・・・・人間は?


そうでした・・・・ごめんなさい・・・・では、こちらから・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-マダガスカル



この子は、バオバブの林の前で、カメレオンを持って、立ってました・・・・

写真のモデルになって、お小づかいかせぎをしてるんです・・・・



町にいた、女の子です・・・・かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-マダガスカル



ぼく、中学生!撮って撮って!フランス語が、とっても上手でした・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-マダガスカル



おじいちゃんとお孫さん・・・・かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-マダガスカル



マダガスカルも、多民族国家です。


ご紹介した方は、南アフリカ系のみなさん・・・・お鼻の幅が広めなのが、特徴です・・・・



ほかには、なんと、マレーシア系やインドネシア系の人が、多いんです!


じつは、東南アジアから船に乗って、海流にまかせて漂流すると、マダガスカルに着くんです!

すごく、遠いのに・・・・びっくり・・・・


フランスの植民地だったんで、フランス人もたくさんいます。




マダガスカルは、昔にアフリカ大陸からはなれたので、ここにしかいない動物や植物が、いっぱい・・・・

とくに、動物好きには、たまりません・・・・


日本人は、フランス人待遇なので、ホテルも上等、食事はフランス料理・・・・

マダガスカル航空の機内食まで、おいしいのん・・・・


バンコク乗換えだけで、かんたんに行けます!


みなさんも、ぜひ、どーぞ!


人気ブログランキング!


         踊る!旅する!ゆきうさぎ

     あなたのぽちっで、ランキングアップ

        このブログの順位もわかります・・・・応援してね!音譜アップ

                     $踊る!旅する!ゆきうさぎ



次回は、いよいよ民族の真打、登場です・・・・

民族いろいろ紀行 その8の2 ボリビア オルロのカーニバル

2012.04.10.08:57

今回は、ボリビアのウユニ塩湖から帰る途中に見た、オルロのカーニバルの特集です!



カーニバルは、謝肉祭ともよばれるキリスト教のお祭りで、毎年2月に行われます。


ヨーロッパでは、ニースのカーニバルが有名ですね!

南米も、キリスト教が多いので、あちこちでカーニバルが行われます・・・・



オルロのカーニバルは、リオのカーニバル、ペルーのインティ・ライミと並ぶ、南米三大祭りです!

・・・・といっても、ゆきうさぎは、この旅行の直前まで全然知りませんでした・・・・



ボリビアは、ペルーと並んで、インディオの割合が高い国です。

カーニバルと聞いて、リオのカーニバルに近いものを想像してましたが、内容は全くちがってました・・・・



リオのカーニバルは、大きな山車を中心に、音楽、ダンスなどで盛り上げるスタイルです・・・・


一方、オルロのカーニバルは、ド派手な扮装で盛り上げるタイプ・・・・

お面、着ぐるみ、大きな衣装などで、派手さを競っいます・・・・


踊りは、左右にぴょんぴょん飛び跳ねる、激しいものです!

いかにも、インディオっていう感じ・・・・


でも、ゆきうさぎの席は、最終地点のところ・・・・

みんな、踊り疲れて・・・・ぴょんびょんしては一休みしてました・・・・



踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア




オルロのカーニバルは、リオのとは違い、お面や着ぐるみなどで仮装するのが特徴です!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア



貫録の、おねえさまです・・・・

踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア



あっ、美女・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア



羽根かざり、すごいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-ボリビア



これは、インディオの神様でしょうか・・・・スカルが、ちょっとおどろおどろしいのん・・・・

踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル


おねえさま方は、むっちりたくましい人ばっかし・・・・

やせた人は、一人もいませんでした!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



典型的なインディオの装束です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



ぴょんぴょん飛び跳ねる、激しい踊りです!3700mの高地とは思えないほどです・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



こんな感じで、連を組んで、やってきます!


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



山車は、普通の車に飾りつけをしただけの、簡単なもの・・・・


「メジリョーネス」は、ムール貝のことで、チリの町の名前・・・・

もしかしたら、昔、ボリビア領だったところなのかもしれません・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



目玉のお面と、円筒形のスカートは、もっともポピュラーな扮装です・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



最初に楽隊が来て、次にさまざまな人々が続きます・・・・この点は、リオと同じですね・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



これは、精霊でしょうか・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



女性も、目玉のお面をつけるんです!

手前の人たちは、後ろ姿・・・・顔の模様のマントを着てます・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



こちらは、ミス・メジリョーネス!報道陣が次々たかって、写真撮影に苦労しました・・・・

右後ろにいる人も、ちょっと嬉しそうな感じですね・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



道が、ぬれてますね・・・・どうしてでしょう・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



オルロのカーニバルは、水かけ祭りです!

露店で、水鉄砲などが売られてて、大の大人が、水をかけ合います・・・・




特にやばいのが、カーニバルが練り歩く道・・・・


隊列がいないときに、うっかり道に出ると、集中攻撃されて、びちょびちょにされます!


桟敷席でも、ときたま、ぶっぱなす人がいて、カメラがぬれないか、ひやひやもんでした・・・・





若い女性は、ミニスカートです!かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



目の覚めるような、青、青、青・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル


おねえさま方も、ステキなのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



ひょうきんな、着ぐるみもいます!

後ろの人は、ちょっとお疲れのご様子・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



かわいいのん・・・・


踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル



踊る!旅する!ゆきうさぎ-オルロのカーニバル


人気ブログランキング!


            踊る!旅する!ゆきうさぎ

     あなたのぽちっで、ランキングアップ

        このブログの順位もわかります・・・・応援してね!音譜アップ

                     $踊る!旅する!ゆきうさぎ



次回は、いよいよ、アフリカへ・・・・ 

ゆきうさぎグッズ!
Suzuriバナー2 Tシャツ、トートバッグ、マグカップ、iPhoneケースを販売してます・・・ 写真リクエストも、受付中!
プロフィール

dancetravel

Author:dancetravel
ご訪問、ありがとうございます。
海外秘境旅行と社交ダンスが大好きな女の子、ゆきうさぎです!

こちら のアメブロでは、記事の更新情報をお伝えしてます・・・・

では、どうぞごゆっくりご覧くださいな・・・・


お知らせ!

パーティでデモをして、ゆきうさぎが撮ってたのに、写真が届かない・・・・
写真をアルバムや額にしたい・・・・

ご要望のある方は、記事にコメントをお願いいたします!
どの記事でもかまいません・・・・

お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス等は、ゆきうさぎが責任をもって管理・・・・
コメントは、公開せずに消去します・・・・

最新記事
スポンサードリンク
旅行記事の目次
マークは、下のおすすめ記事と連動してます・・・・
くわしい旅行記

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省ウサギコスモス

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット波ウサギ

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー波コスモス富士山

 光と静寂の世界 冬の九寨溝 ニコニコ

 爆笑!成都パンダ園ウサギ

 標高差8778mの小国 大ネパール紀行チーズニコニコ

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省コスモスチーズニコニコ

 ナキウサギ遊ぶお花畑・・・・中国青海省ウサギコスモス

 火と氷の島 アイスランド温泉チーズニコニコ

 西インドの華 グジャラートウサギラブラブ!

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省ラブラブ!ニコニコ

 インドヒマラヤ紅茶の里・・・・シッキム・西ベンガルニコニコ

 密林の最高峰・・・・ボルネオ島キナバル山富士山

旅行記ダイジェスト

 ミニヤコンカと四姑娘山温泉富士山

 インドヒマラヤ大走破波

 ミルフォードトラックとマウントクックコスモス富士山

 インド洋の楽園 マダガスカルウサギチーズニコニコ

 インドヒマラヤ花の谷コスモス富士山

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠波ラブラブ!

 イラン北西部周遊コスモスニコニコ

 カピバラとピラニアの国 ブラジルウサギチーズ

 トルコ西部周遊チーズ温泉ニコニコ

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部ラブラブ!ニコニコ

 ボリビア 雨季のウユニ塩湖とチチカカ湖波

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行くラブラブ!ニコニコ

 タジキスタン冒険行波ラブラブ!温泉

 失われた世界 ギアナ高地波コスモス

 やすらぎの国 ラオスチーズニコニコ

 パキスタン カラーシャ族の里ラブラブ!ニコニコ

 

  旅行おすすめ記事です音譜

探検、冒険、ワイルド系波

 インドヒマラヤ大走破

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠

 ボリビア 雨季のウユニ塩湖とチチカカ湖

 タジキスタン冒険行

 失われた世界 ギアナ高地

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

動物、かわいいのん・・・・ウサギ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省

 聖山カイラースとエベレスト 西チベット

 ナキウサギ遊ぶお花畑 中国青海省

 西インドの華 グジャラート

あこがれのお花に会える・・・・コスモス

 ミルフォードトラックとマウントクック

 インドヒマラヤ花の谷

 イラン北西部周遊

 ブルーポピーとナキウサギ 中国青海省

 失われた世界 ギアナ高地

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 ナキウサギ遊ぶお花畑 中国青海省

現地の人と楽しくふれあう・・・・ラブラブ!

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部

 エチオピア大地溝帯 ダナキル砂漠

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行く

 タジキスタン冒険行

 パキスタン カラーシャ族の里

 西インドの華 グジャラート

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省

この際、食べるチーズ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 トルコ西部周遊

 やすらぎの国 ラオス

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 火と氷の島 アイスランド

えっ?ここで温泉温泉

 ミニヤコンカと四姑娘山

 トルコ西部周遊

 タジキスタン冒険行

 火と氷の島 アイスランド

トレッキング特集富士山

 ミニヤコンカと四姑娘山

 ミルフォードトラックとマウントクック

 インドヒマラヤ花の谷

 トレッキング挑戦!ゴサインクンドとヘランブー

 密林の最高峰・・・・ボルネオ島キナバル山

らくちん、楽しい・・・・入門編ニコニコ

 インド洋の楽園 マダガスカル

 イラン北西部周遊

 カピバラとピラニアの国 ブラジル

 トルコ西部周遊

 苗族と遊ぶ 中国貴州省東部

 カザフスタン カスピ海東岸の台地を行く

 やすらぎの国 ラオス

 パキスタン カラーシャ族の里

 光と静寂の世界 冬の九寨溝

 山あり、お花あり・・・・中国雲南省

 火と氷の島 アイスランド

 圧巻!カルストの城・・・・中国貴州省

 インドヒマラヤ紅茶の里・・・・シッキム・西ベンガル

ご訪問うれしいのん
スポンサードリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク